文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 心理学専攻 > 障害児(者)心理学特論
日本大学ロゴ

障害児(者)心理学特論

このページを印刷する

科目名 障害児(者)心理学特論
教員名 菊島 勝也
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 発達障害を持つ子どもに対する臨床心理学的支援
授業のねらい・到達目標 本授業では,発達障害を持つ子どもに対する臨床心理学的支援をとりあげる。特に教育現場における,具体的な支援の在り方を理解できるようになることを到達目標とする。
授業の方法 テキストを基に事例等について全員でディスカッションを行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 発達障害,特別支援教育について,事前に調べておくこと。
授業計画
1ガイダンス,発表振り分け,発達障害とは(1)発達障害についての基本的考え方
2発達障害とは(2)発達障害の分類
3第一章前半について発表
4第一章後半について発表
5事例1,2について全員で検討
6事例3,4について全員で検討
7事例5,6について全員で検討
8事例7,8について全員で検討
9事例9,10について全員で検討
10事例11,12について全員で検討
11事例13,14について全員で検討
12事例15,16について全員で検討
13全体の振り返り
14学童期における具体的な支援の紹介
15乳幼児期における具体的な支援の紹介
その他
教科書 阿部利彦編著 『見方を変えればうまくいく!特別支援教育リフレーミング』 中央法規 2013年 第1版
参考書 阿部利彦編著 『クラスで気になる子の支援 ズバッと解決ファイル』 金子書房 2009年
津川律子山口義枝北村世都 『教育相談 (Next教科書シリーズ)』 弘文堂 2015年
必要に応じて授業内で指示する
成績評価の方法及び基準 授業参画度(30%)、発表内容(40%)、授業内での発言内容(30%)
オフィスアワー 授業内で指示する

このページのトップ