文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 心理学専攻 > 家族心理学特論
日本大学ロゴ

家族心理学特論

このページを印刷する

科目名 家族心理学特論
教員名 野末 武義
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 集中 履修区分 選択必修
授業テーマ 家族心理学・家族療法の知見の中から、とりわけ重要なテーマを取り上げ解説する。また、そうした知見や理論が実際の臨床実践の中でどのように取り入れられているかを学ぶために、マスターセラピストによる治療セッションのビデオを視聴する。さらに、1対1の個人療法と複数の家族メンバーによる合同面接はどのように異なるのか、セラピストはどのようなジレンマを体験するのか等についても、 ワークを通して体験的に学ぶ。
授業のねらい・到達目標 心理臨床実践において、クライエントの家族関係や問題を理解することに役立つような、 家族心理学的・家族療法的知見について学ぶ。事例を理解する際に、個々の家族メンバーの心理的世界、家族メンバー間の相互影響関係、家族の歴史的プロセス、さらには家族を取り巻くより大きな社会システムなど、多角的かつ統合的に理解することを習得する。
授業の方法 講義を中心に行うが、ビデオ視聴やグループワークも取り入れる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 臨床に関わる授業や実習の中で、クライエントの問題の背景にある家族関係について関心を持っておくこと。
授業計画
1心理臨床における家族の位置づけと援助の歴史・システムとしての家族
2家族療法におけるテーマ1:家族のライフサイクルと危機
3家族療法におけるテーマ2:個人の心理的世界(自尊心と愛着・認知の問題)
4ビデオ視聴:Leslie.Greenberg“Emotion-focused therapy for depression”Part1
5ビデオ視聴:Leslie.Greenberg“Emotion-focused therapy for depression”Part2
6家族療法におけるテーマ3:家族の構造
7家族療法におけるテーマ4:家族の歴史的プロセス(M.Bowen)
8家族療法におけるテーマ4:家族の歴史的プロセス(I. Boszormenyi-Nagy)
9ビデオ視聴:Evan Imber-Black“Family Secrets”
10統合的カップル・セラピー
11家族療法におけるテーマ5:ジェンダーの問題
12応答構成トレーニング:夫婦家族療法におけるセラピストの介入とバイアス
13ビデオ視聴:合同家族面接の実際
14個人面接と夫婦・家族合同面接:それぞれのメリットと留意点
15個人療法と家族療法の統合
その他
教科書 なし
参考書 中釜洋子・野末武義・布柴靖枝・無藤清子 『家族心理学ー家族システムの発達と臨床的援助』 有斐閣ブックス 2008年
団士郎 『家族の練習問題』 ホンブロック 2006年
遊佐安一郎 『家族療法入門』 星和書店 1984年 第1版
成績評価の方法及び基準 平常点(40%)、レポート(30%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 授業終了時

このページのトップ