文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 心理学専攻 > 心理学研究法特論
日本大学ロゴ

心理学研究法特論

このページを印刷する

科目名 心理学研究法特論
教員名 内藤 佳津雄
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 心理学の研究法について、基本から応用まで横断的に理解する。また研究計画を立案したり、データ分析をしたりする上で誤りやすい点についての知識を得る。
授業のねらい・到達目標 科学的な思考方法および心理学における研究法の特徴を学び、今後の研究活動における研究方法の選択・立案に活かせるようになる
授業の方法 科学的研究方法の基礎および心理学各分野の研究方法について、講義を行う
また,いくつかの研究事例について,受講者が研究計画を立案し,議論を行う
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学修:授業準備に必要な課題を出題するので,自己学習を行うこと
事後学修;授業内容を復習し、指示された課題を実施すること
授業計画
1ガイダンス
2心理学研究の方法(1)
[準備]配布した資料等に基づき、事前課題を行ってくること
3心理学研究の方法(2)
[準備]配布した資料等に基づき、事前課題を行ってくること
4心理学における科学的研究方法と研究倫理
[準備]配布した資料等に基づき、事前課題を行ってくること
5事例検討
[準備]配布した資料等に基づき、事前課題を行ってくること
6実験的研究法(1)
[準備]配布した資料等に基づき、事前課題を行ってくること
7実験的研究法(2)
[準備]配布した資料等に基づき、事前課題を行ってくること
8事例検討
[準備]配布した資料等に基づき、事前課題を行ってくること
9質問紙法・尺度構成法(1)
[準備]配布した資料等に基づき、事前課題を行ってくること
10質問紙法・尺度構成法(2)
[準備]配布した資料等に基づき、事前課題を行ってくること
11事例検討
[準備]配布した資料等に基づき、事前課題を行ってくること
12統計的解析法の理解(1)
[準備]配布した資料等に基づき、事前課題を行ってくること
13統計的解析法の理解(2)
[準備]配布した資料等に基づき、事前課題を行ってくること
14まとめ・総括
[準備]授業内容全体を復習すること
15理解度の確認,まとめ
[準備]授業内容全体を復習すること
その他
教科書 資料を配布する
成績評価の方法及び基準 レポート(60%)、授業内テスト(30%)、授業参画度(10%)
レポート:3回の事例検討に関するレポート
授業参画度:出席状況と議論への参加状況
授業内テスト受験と3回のレポート提出が単位取得に必須
オフィスアワー 水曜日5限 本館4階研究室
備考 心理学的な研究に必要とされる基本的な内容を取り扱うので、学部で心理学専攻以外の方、または実験的研究方法による研究の経験がない方はぜひ受講してください。

このページのトップ