文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 心理学専攻 > 心理統計法研究2
日本大学ロゴ

心理統計法研究2

このページを印刷する

科目名 心理統計法研究2
教員名 羽生 和紀
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 心理学の研究に必要な,やや高度な統計技法を学ぶ
授業のねらい・到達目標 大学院レベルで心理学的研究において必要とされる,最近の,やや進んだ統計技法を理解,解釈し,またソフトウエアやコンピュータプログラム言語を用いて実施する技能を習得する。
授業の方法 講義形式と実習を組み合わせて行う。
履修条件 特にないが,学部レベルでの統計に関しては復習しておいてほしい。
事前学修・事後学修,授業計画コメント R言語に関してはよく復習し,習得に努めてほしい。
授業計画
1ガイダンス
2効果量(1):基本的知識とR言語の説明
[準備]PCにR言語をインストールして持参すること。
3効果量(2):各種の効果量に関しての説明とR言語の実習
[準備]教科書1の5頁から20頁を読んでおくこと。RをインストールしたPCを持参すること。
4効果量・検定力(1):効果量と検定力の関係について説明とR言語の実習
[準備]教科書2の1頁から27頁を読んでおくこと。RをインストールしたPCを持参すること。
5効果量・検定力(2):t検定の検定力について説明とR言語の実習
[準備]教科書2の29頁から69頁を読んでおくこと。RをインストールしたPCを持参すること。
6効果量・検定力(3):t検定の効果量と検定力について説明の続きとR言語の実習
[準備]教科書1の21頁から39頁を読んでおくこと。RをインストールしたPCを持参すること。
7効果量・検定力(4):多要因分散分析の効果量と検定力の説明とR言語の実習
[準備]教科書2の179頁から216頁を読んでおくこと。RをインストールしたPCを持参すること。
8多重比較(1):多重比較に関する基礎的な説明とR言語の実習
[準備]RをインストールしたPCを持参すること。前回配布したプリントを読んでくること。
9多重比較(2):多重比較の実際とR言語の実習
[準備]RをインストールしたPCを持参すること。前回配布したプリントを読んでくること。
10多重比較(3):多重比較の実際の続きとR言語の実習
[準備]RをインストールしたPCを持参すること。前回配布したプリントを読んでくること。
11分散分析(1):基本的知識の説明とR言語の実習
[準備]RをインストールしたPCを持参すること。前回配布したプリントを読んでくること。
12分散分析(2):多要因の分散分析の説明(特に交互作用)とR言語の実習
[準備]RをインストールしたPCを持参すること。前回配布したプリントを読んでくること。
13分散分析(3):多要因の分散分析の説明(特に事後検定と単純効果)とR言語の実習
[準備]RをインストールしたPCを持参すること。前回配布したプリントを読んでくること。
14最終理解のための課題学習
15まとめ
その他
教科書 大久保街亜・岡田謙介 『伝えるための心理統計:効果量・信頼区間・検定力(教科書1)』 勁草書房 2012年
豊田秀樹 『検定力分析入門(教科書2)』 東京図書 2009年
参考書 永田靖・吉田道弘 『統計的多重比較法の基礎』 サイエンティスト社 1997年
渡辺利夫 『フレッシュマンから大学院生までのデータ解析・R言語』 ナカニシヤ出版 2005年
なし
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 水 1230-1300
羽生研究室

このページのトップ