文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地理学専攻 > 人文地理学特論Ⅱ
日本大学ロゴ

人文地理学特論Ⅱ

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
人文地理学特論Ⅱ
科目名
平成27年度以前入学者
人文地理学特論Ⅱ
教員名 井村 博宣
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 環境と人間のかかわりの地理学的研究方法
授業のねらい・到達目標 本講義では,環境と人間のかかわりを探究するために必要な人文地理学的な研究方法の修得を目的とする。具体的な経済事象の地域展開を事例として,地域的所与の条件(自然・社会)を踏まえて生態的に捉えて分析する,伝統的地理学に立脚した,帰納法的な経済地理学的研究方法について教授する。
授業の方法 講義形式と演習形式。講義形式にて経済事象の地域展開を生態的に分析するために必要な諸条件(地域的所与の条件,地域の有利性等)とその収集と分析方法等について確認した後,ゼミ(演習)形式にて生態的な地理学論文を精選し講読,討議する。なお授業は,担当者の研究成果を用いながら,受講生の研究分野を勘案して教授する。
履修条件 人文地理学特論Ⅱを履修していること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業内容に関するキーワードについて,事前に関連する文献等で調べるとともに,事後には具体的な事例を通して,理解しておくこと。わからないことを放置せず、まずは自ら調べること。
授業計画
1ガイダンス
2生態的考察の意義
3立地・分布特性
4経年変化
5自然条件と社会条件
6外的条件と内的条件
7地域的所与の条件
8規定条件(有利性)
9人文地理学論文の講読(1)
10人文地理学論文の講読(2)
11人文地理学論文の講読(3)
12人文地理学論文の講読(4)
13人文地理学論文の講読(5)
14人文地理学論文の講読(6)
15まとめ
その他
教科書 購読論文については,第9~11回目を担当者、第12~14回目を受講生が選定する。
参考書 その都度,授業中に紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(40%)、発表(30%)、討論等(30%)
レポート(40%),発表(30%),討論等(30%)による総合評価。
オフィスアワー 時間は木曜日の12:30~13:30,場所は8号館5階A-506研究室とする。
備考 質問は随時研究室で受け付ける。メールアドレスは開講時に連絡する。

このページのトップ