文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地理学専攻 > 自然環境変遷学特論Ⅰ
日本大学ロゴ

自然環境変遷学特論Ⅰ

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
自然環境変遷学特論Ⅰ
科目名
平成27年度以前入学者
自然環境変遷学特論Ⅰ
教員名 江口 誠一
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 自然環境の変遷史
授業のねらい・到達目標 自然環境の時間的変化を解明するための考え方と方法を基礎から学ぶことができる。
授業の方法 配付資料を説明するとともに、演習問題を課しながら進める。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 各回配付する資料の内容を理解しておく。
授業計画
1ガイダンス
2生態系の概念(前回の配付資料の内容を理解しておく)
3地形の変化(前回の配付資料の内容を理解しておく)
4気候変動(前回の配付資料の内容を理解しておく)
5地質層序(前回の配付資料の内容を理解しておく)
6土壌層位の記載法(前回の配付資料の内容を理解しておく)
7堆積環境(前回の配付資料の内容を理解しておく)
8年代測定法の種類(前回の配付資料の内容を理解しておく)
9年代測定法の高精度化(前回の配付資料の内容を理解しておく)
10化石の種類(前回の配付資料の内容を理解しておく)
11植物化石(前回の配付資料の内容を理解しておく)
12動物化石(前回の配付資料の内容を理解しておく)
13化石の形成過程(前回の配付資料の内容を理解しておく)
14古環境復原の事例(前回の配付資料の内容を理解しておく)
15まとめ
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、レポート(50%)
オフィスアワー 金曜日18~19時、8号館5階505研究室

このページのトップ