文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地理学専攻 > 自然環境変遷学特論Ⅱ
日本大学ロゴ

自然環境変遷学特論Ⅱ

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
自然環境変遷学特論Ⅱ
科目名
平成27年度以前入学者
自然環境変遷学特論Ⅱ
教員名 江口 誠一
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 陸域における第四紀の環境変遷
授業のねらい・到達目標 現在の自然環境の成り立ちを解明する上で重要な方法について具体的事例を理解する。
授業の方法 配付資料を説明するとともに、演習問題を課しながら進める。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 各回配付する資料の内容を理解しておく。
授業計画
1ガイダンス
2植物化石の種類(前回の配付資料の内容を理解しておく)
3化石の形態(前回の配付資料の内容を理解しておく)
4化石の形成と運搬・堆積(前回の配付資料の内容を理解しておく)
5特色を生かした研究(前回の配付資料の内容を理解しておく)
6黒ボク土の生成(前回の配付資料の内容を理解しておく)
7同位体比との関係(前回の配付資料の内容を理解しておく)
8地形の変遷史(前回の配付資料の内容を理解しておく)
9墳墓の構築過程(前回の配付資料の内容を理解しておく)
10照葉樹林の分布(前回の配付資料の内容を理解しておく)
11ススキ草原の分布(前回の配付資料の内容を理解しておく)
12ササ類の分布(前回の配付資料の内容を理解しておく)
13稲作農耕の検証(前回の配付資料の内容を理解しておく)
14研究分野の展望(前回の配付資料の内容を理解しておく)
15まとめ
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、レポート(50%)
オフィスアワー 金曜日18~19時、8号館5階505研究室

このページのトップ