文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地理学専攻 > 地誌学特論Ⅱ
日本大学ロゴ

地誌学特論Ⅱ

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
地誌学特論Ⅱ
科目名
平成27年度以前入学者
地誌学特論Ⅱ
教員名 矢ケ﨑 典隆
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ エスニック地誌学の可能性
授業のねらい・到達目標 エスニック地誌学について検討し、地誌学の観点から世界を読み解くことの重要性を認識する。具体的には、国際的な人口移動とそれに伴うエスニック社会の形成、エスニック社会とホスト社会の動態的関係、エスニックコンフリクト、エスニック文化地域、エスニック警官、エスニックビジネスなどについて検討する。世界地誌に関する理解を深めることにより、地理教育の充実をはかる。
授業の方法 講義
事前学修・事後学修,授業計画コメント 地理学に関する基礎知識と地理学的な調査の経験を必要とする。地誌学特論Iの履修を前提とする。
授業計画
1地誌学的アプローチの可能性
2地理学・地誌学・エスニック地誌学
3国際的な人口移動とエスニック社会の形成(1)
4国際的な人口移動とエスニック社会の形成(2)
5ホスト社会と移民社会の動態的関係(1)
6ホスト社会と移民社会の動態的関係(2)
7エスニック文化とエスニック文化地域
8エスニックタウンとエスニック景観
9エスニックボーダーと社会の分断化
10エスニックビジネスとエスニックバンキング
11エスニック文化の観光資源化
12エスニック博物館
13エスニックグローバル地誌(1)
14エスニックグローバル地誌(2)
15まとめと展望
その他
教科書 使用しない
参考書 山下清海編 『現代のエスニック社会を探る―理論からフィールドへ―』 学文社 2011年
山下清海 『世界と日本の移民エスニック集団とホスト社会』 明石書店 2016年
杉浦直 『エスニック地理学』 学術出版会 2011年
山下清海編 『エスニックワールド―世界と日本のエスニック社会―』 明石書店 2008年
成績評価の方法及び基準 レポート(70%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 木曜日 12:30~13:00 16:30~17:00 8号館5階A507

このページのトップ