文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地理学専攻 > 環境情報科学特論Ⅰ
日本大学ロゴ

環境情報科学特論Ⅰ

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
環境情報科学特論Ⅰ
科目名
平成27年度以前入学者
環境情報科学特論Ⅰ
教員名 梶田 真
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 環境情報科学におけるGISの利用とその研究成果を学ぶ。
授業のねらい・到達目標 地理情報システム(GIS)による環境分析や環境評価の問題点と可能性について理解する。また、GISソフトウェアのArcGIS(ESRIジャパン株式会社)を使用した環境に関する空間分析や評価の方法を習得する。
授業の方法 授業は、環境情報科学に関する研究成果などについての講義、文献購読、ArcGISを使用した環境に関する空間分析の実習、および、実習の成果の検討や質疑応答をするゼミナール形式を組み合わせて行う。
履修条件 GISの操作方法などの基本的な知識が必要である。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業で購読する文献やGISの操作方法については、事前に読んでおくこと。なお、授業中に行ったGIS分析については、次の授業時間までに、各自、行っておくとともに、結果などをレポートとしてまとめること。
授業計画
1環境情報科学とは何か
2文献購読(1):地形
文献を読んでおくこと。
3ラスタ形式の空間データ(1):DEMデータの種類と構造
DEMデータの種類について調べておくこと。
4ラスタ形式の空間データ(2):ラスタとTINの構造
ラスタとTINの構造について調べておくこと。
5GISによる実習(1):DEMデータのダウンロード、シェープ形式への変換
第4回の授業で配布したプリントを読んで、DEMデータをダウンロードしておくこと。
6GISによる実習(2):ラスタへの変換、TINへの変換
第5回の授業で配布した変換方法のプリントを読んでおくこと。
7GISによる実習(3):環境要因の可視化(地形)
環境要因について考察し、レポートにまとめること。
8GISによる実習(4):基本的な地形解析
地形解析について考察し、レポートにまとめること。
9文献購読(2):火山災害
文献を読んでおくこと。
10GISによる実習(5):重ね合わせ分析
第9回の授業で提示する論文を読んでおくこと。
11GISによる実習(6):火山災害の予測と評価
GISによる火山災害の分析について考察し、レポートにまとめること。
12文献購読(3):水文学
文献を読んでおくこと。
13GISによる実習(7):河川ネットワーク(水系網)の抽出
第12回の授業で配布する:河川ネットワーク(水系網)の抽出方法を読んでおくこと。
14GISによる実習(8):集水域の抽出
第13回の授業で配布する:集水域の抽出方法を読んでおくこと。GISによる集水域の抽出の分析について考察し、レポートにまとめること。
15GISを用いた環境分析の可能性について、環境情報科学に関する理解度、および、GIS技術の到達度の確認
レポートを完成し、提出すること。
その他
教科書 授業中に適宜指示する。
参考書 授業中に適宜指示する。
成績評価の方法及び基準 平常点(70%)、成果物のプレゼンテーション(30%)
オフィスアワー 非常勤講師のため授業時間の前後に問い合わせてください

このページのトップ