文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地理学専攻 > 社会地理学特論Ⅰ
日本大学ロゴ

社会地理学特論Ⅰ

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
社会地理学特論Ⅰ
科目名
平成27年度以前入学者
社会地理学特論Ⅰ
教員名 佐野 充
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 風土・文化に調和した地域・まちづくりを考える
授業のねらい・到達目標 熟成した経済社会と高度な科学・情報化に裏打ちされた現代日本における生活を取り巻く自然環境,地域の歴史・文化,都市発展と経済システムの成立,地域経済の自立性,自治体経営などのツールから,地理学的手法に基づく探求的な地域空間分析を行う。
授業の方法 テーマに基づいて講義する。随時、諸君の考え方や評価を聞く。授業内提出物有り。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 「環境と暮らし」の地域観察視点を持って授業に望むこと。
授業計画
1ガイダンス;社会地理学の基本的概念
2社会地理学を取り巻く周辺学問領域
3地域を社会地理学的手法により調査すると
4地域社会の捉え方;生活を取り巻く自然環境Ⅰ
5地域社会の捉え方;生活を取り巻く自然環境Ⅱ
6地域社会の捉え方;地域の歴史・文化
7地域社会の捉え方;伝統的な生活・生活様式
8風土・文化に調和した人間の営み;都市発展と経済システムの成立の視点から
9風土・文化に調和した人間の営み;地域経済の自立性の視点
10風土・文化に調和した人間の営み;自治体経営とサブシディアリティ
11風土・文化に調和した人間の営み;都市廃棄物と環境保全の視点から
12統計をGISデジタル地図表現して考察する
13社会地理学的調査の実践;日本の事例
14社会地理学的調査の実践;海外の事例
15総合評価
その他
教科書 桑子敏雄 『 『風景のなかの環境哲学』 』 東京大学出版会  2005年
近隣科学分野からの視点を持って,社会地理学を考える。
参考書 授業の進度に合わせて紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業参画度(30%)、口述試問(40%)
授業参加度、講義進行状況に合わせた課題レポート、最終口述試問試問により評価する。
オフィスアワー 水曜日 18:00-19:00 地理学研究室A-407
備考 日常的に新聞の社会経済欄を読むこと。

このページのトップ