文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地理学専攻 > 経済地理学特論Ⅰ
日本大学ロゴ

経済地理学特論Ⅰ

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
経済地理学特論Ⅰ
科目名
平成27年度以前入学者
経済地理学特論Ⅰ
教員名 水嶋 一雄
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 日本の経済発展と経済の地域的展開について、地理学的視点から理解する。
授業のねらい・到達目標 本授業では、日本の経済発展と経済の地域的展開について、特に、資本主義経済がそれまでの地域に根ざした伝統的産業を崩壊させながら、資本主義経済下の新しい産業が空間的に広く展開することになった過程を説明する。新しい産業の地域的展開には、時間的差異と地域的差異が存在し、地域間不均等発展となっている。授業では、これらの差異を考慮しながら、日本における地域経済間格差の形成過程についても整理する。
授業の方法 PPTを利用しながら講義方式で行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 修論作成に対する補完的な講義としているので、自らの修論テーマと講義の狙いを確認しておくことが望ましい
授業計画
1ガイダンス;経済地理学の分析視点
2明治期前期の経済の地域的展開と資本主義経済の特徴を説明
3明治期後期の経済の地域的展開と資本主義経済の特徴を説明
4昭和期前期の経済の地域的展開と資本主義経済の特徴を説明
5昭和期前期の帝国主義時代の資本主義経済と地域間不均等発展の特徴を説明
6第2次大戦後の資本主義経済を理解するための時代区分を説明
7昭和20・30年代から40年代後半までの資本主義経済について説明
8昭和30年代から40年代後半の経済の地域的展開と地域間不均等発展の特徴を説明
9昭和50年代から60年代における資本主義経済について説明
10昭和50年代から60年代における経済の地域的展開と地域間不均等発展の特徴を説明
11平成時代の資本主義経済について説明
12平成時代の経済の地域的展開と地域間不均等発展の特徴を説明
13現在における日本の地域経済間格差とその課題
14地域発展と経済の役割
15授業のまとめ
その他
教科書 講義の時間に指示する。
参考書 講義の時間に指示する。
成績評価の方法及び基準 平常点(80%)、レポート(20%)
オフィスアワー 講義の時間に指示する.

このページのトップ