文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地理学専攻 > 地球科学特論Ⅱ
日本大学ロゴ

地球科学特論Ⅱ

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
地球科学特論Ⅱ
科目名
平成27年度以前入学者
地球科学特論Ⅱ
教員名 藁谷 哲也
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 地球規模の環境変動
授業のねらい・到達目標 地球の環境変遷や気候変動,氷河および氷河変動などを柱に講義を進める。氷河変動は長期・短期の変動をもとに,近年の気球温暖化との関係についても検討したい。
授業の方法 講義および演習形式。
履修条件 地形学・地形学実験など,地形学および地球科学関連の科目履修者,もしくはこれらと同等の知識をもつもの。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業計画を参考にして,参考書やインターネットなどから授業の前に基礎知識を獲得して準備する。授業後は,講義内容を整理してノートにまとめる。なお,BlackBoardには,授業資料がアップロードされているので,必ず授業前に目を通し,印刷して授業時に持参してください。
授業計画
1ガイダンス,極圏・雪氷圏と地球環境科学
2IPCC報告書
[準備]BlackBoardにアップした資料に目を通しておくこと。以降毎回,同じ。
3気候変動の要因:ミランコビッチサイクルと氷期サイクル
4氷河の分類,形成と流動
5氷河と地形
6氷河と気候の変動
7南極氷床コアによる氷期サイクル
8山岳氷河の変動と気候
9ヨーロッパアルプスにおける氷河消長
10内陸アジアにおける氷河消長
11南北アメリカ,アフリカ,オセアニアにおける氷河消長
12北極圏および南極圏の氷床・氷河
13極域海洋と海洋大循環
14文献のレビューや研究内容発表
15総括と講義内容の理解度の確認
その他
教科書 遠藤邦彦・山川修治・藁谷哲也 『極圏・雪氷圏と地球環境』 二宮書店 2010年
参考書 適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(40%)、授業参画度(30%)、発表(30%)
平常点,発表内容および提出レポートなどをもとに,総合的な成績評価を行います。授業参画度3割,発表3割,レポート4割です。なお,講義参画度は,講義内容に関する討論の参加程度を評価します.
オフィスアワー 8号館4階A406室 金曜6時限目(事前連絡すること)

このページのトップ