文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地球情報数理科学専攻 > ソフトウェア科学特論Ⅱ
日本大学ロゴ

ソフトウェア科学特論Ⅱ

このページを印刷する

科目名 ソフトウェア科学特論Ⅱ
教員名 宮田 章裕
単位数    2 課程     開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ コンピュータと人間の接点であるヒューマンインタフェースの専門知識について学修する。
授業のねらい・到達目標 ヒューマンインタフェースの種類と特徴を深く理解する。また、利用シーンに適したヒューマンインタフェースを設計するための応用知識を習得する。
授業の方法 講義、演習、発表を組み合わせて行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 毎回、前回講義内容を復習しておくこと。また、積極的に演習に取り組むこと。
授業計画
1ヒューマンインタフェース基礎(1):ヒューマンインタフェースとは
2ヒューマンインタフェース基礎(2):日常場面におけるヒューマンインタフェース
3ヒューマンインタフェース基礎(3):頭の中の知識と外界にある知識
4ヒューマンインタフェース基礎(4):制約・発見可能性・フィードバック
5ヒューマンインタフェース基礎(5):ヒューマンエラーとデザイン
6ヒューマンインタフェース基礎(6):デザイン思考
7キーボード・ポインティングデバイス
8GUI
9音声インタフェース・ジェスチャインタフェース
10ウェアラブルインタフェース(1):頭
11ウェアラブルインタフェース(2):目・耳・口・胴・手足
12大画面インタフェース
13VRインタフェース
14IoTインタフェース
15障害者インタフェース
その他
教科書 Don Norman 『誰のためのデザイン? 増補・改訂版』
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 研究室在室時はいつでも対応可能(在室予定曜日・時限は研究室前に掲示)

このページのトップ