文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地球情報数理科学専攻 > 地球化学特論Ⅰ
日本大学ロゴ

地球化学特論Ⅰ

このページを印刷する

科目名 地球化学特論Ⅰ
教員名 木村 眞
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 元素の挙動を基に地球・太陽系の特徴や形成過程を理解することを目指す。
授業のねらい・到達目標 化学的手法、特に元素や同位体、あるいは鉱物学的手法などを用いて、地球や太陽系天体の特徴や現象を理解し、これらの天体が形成する過程を理解する。
授業の方法 スライドによる図表を資料として利用して講義を行う。さらに課題や討論を併用して、理解を深めていく。
履修条件 なし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業計画はおおよその目安である。授業の進行程度を勘案して、受講者との質疑による内容なども考慮して、適宜対応する。授業終了時に簡単な課題を事前学修のために出す。また、使用したスライドを授業後に配付するので、事後学修をこれを基に行って、授業内容について理解しておくこと。
授業計画
1はじめに: 全体の概要と地球化学的手法
2太陽系元素存在度(1): 元素存在度の意義 「復習」前回のまとめと課題発表
3太陽系元素存在度(2): 隕石 「復習」前回のまとめと課題発表
4太陽系元素存在度(3): 元素存在度の特徴 「復習」前回のまとめと課題発表
5元素合成(1): 元素合成過程の基礎 「復習」前回のまとめと課題発表
6元素合成(2): 元素合成の過程 「復習」前回のまとめと課題発表
7元素の地球化学的分類 「復習」前回のまとめと課題発表
8同位体と年代学(1): 同位体と特徴と年代学の基礎 「復習」前回のまとめと課題発表
9同位体と年代学(2): 放射年代 「復習」前回のまとめと課題発表
10同位体と年代学(3): 年代学の応用 「復習」前回のまとめと課題発表
11地球の特徴と進化(1): 地球型惑星の特徴と元素組成 「復習」前回のまとめと課題発表
12地球の特徴と進化(2): 地球型惑星の内部構造 「復習」前回のまとめと課題発表
13地球の特徴と進化(3): 比較惑星学 「復習」前回のまとめと課題発表
14地球の特徴と進化(4): 地球の初期進化 「復習」前回のまとめと課題発表
15まとめと討論
その他
教科書 なし
参考書 兼岡一郎 『年代測定概論』 東京大学出版会 2008年 第3版
松久幸敬、赤木右 『地球化学概説 (地球化学講座1)』 培風館 2005年 第1版
朝倉化学大系 『宇宙・地球化学 (野津憲治)』 朝倉書店 2010年 第1版
松田准一、圦本尚義 『宇宙・惑星化学 (地球化学講座2)』 培風館 2008年 第1版
成績評価の方法及び基準 レポート(60%)、授業参画度(40%)
講義を通して課題などについての質疑応答などによる授業への関与、まとめとしてのレポート作成による内容の理解度を考慮して評価。
オフィスアワー 講師室。授業終了時に時間を相談すること。

このページのトップ