文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > 無機化学特論
日本大学ロゴ

無機化学特論

このページを印刷する

科目名 無機化学特論
教員名 岩堀 史靖
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 機能性物質、特に分子性化合物の固体物理を理解するための基礎を学ぶ。
授業のねらい・到達目標 分子性化合物の重要な諸物性を理解するための知識を深める。
授業の方法 板書形式。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 受講生の理解度に応じて、授業計画は柔軟に運用する。
授業計画
1講義全般に関する概要の解説
2磁性と電子について1
3磁性と電子について2
4磁性と電子について3
5分子軌道とその対称性1
6分子軌道とその対称性2
7分子軌道とその対称性3
8ビラジカルのスピン基底状態1
9ビラジカルのスピン基底状態2
10ビラジカルのスピン基底状態3
11スピン分極と相互作用1
12スピン分極と相互作用2
13スピン分極と相互作用3
14講義内容理解度の確認
15まとめと解説
その他
教科書 特に指定しない。
参考書 講義中に紹介するほか、自分自身で優れた参考書を探してみることも勧めたい。
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業内テスト(50%)
出席状況が不良の場合にはテストの受験を認めない(=不合格とする)場合がある。
オフィスアワー 特に限らないが、事前にアポイントメントをとること。

このページのトップ