文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > 相関理化学特論Ⅱ
日本大学ロゴ

相関理化学特論Ⅱ

このページを印刷する

科目名
平成27年度以前入学者
相関理化学特論Ⅱ
教員名 浅地 哲夫
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 自然界に見られる種々のディスオーダーと粒子間の相互作用によってもたらされる秩序化過程について理解を深める。
授業のねらい・到達目標 相転移に関するLandauの現象論・Weissの分子場理論・Bragg-Williamsの理論などについて理解を深めるとともに、学術雑誌に掲載されている研究論文を理解するための基礎知識を修得する。
授業の方法 結晶中の分子・イオンの秩序・無秩序とその秩序化過程についての種々の実験的研究例を紹介する。X線構造解析、熱測定、NMR、NQR、誘電率などの測定方法の原理と特徴を説明し、これらから得られる知見を概説する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 熱力学についての基礎科目を履修していることが望ましい。
授業計画
1熱力学の復習  状態変数・基本式・完全微分形式・Maxwellの関係式
2相転移の分類
3Landauの相転移理論
4磁性体の相転移
5強誘電体と反強誘電体の相転移・磁気的および電気的履歴現象
6相転移の統計力学(1) Weissの分子場理論
7相転移の統計力学(2) 二元合金の秩序無秩序転移 Bragg-Williams近似
8相転移の統計力学(3) 塩化アンモニウムの相転移への応用
9秩序過程の実験的研究手段(1) 熱力学的研究・X線回折・中性子回折
10秩序過程の実験的研究手段(2) NMR
11秩序過程の実験的研究手段(3) NQR
12秩序過程の実験的研究手段(4) 誘電測定
13秩序過程の実験的研究手段(5) 配向分極の交流周波数依存
14秩序過程の実験的研究手段(6) 誘電率の周波数依存
15秩序過程の実験的研究手段(7) 誘電緩和 Debyeの理論式
その他
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 授業日の昼休み

このページのトップ