文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > 表面・クラスター科学特論
日本大学ロゴ

表面・クラスター科学特論

このページを印刷する

科目名 表面・クラスター科学特論
教員名 石田 浩
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 固体結晶表面や界面に特有な物理・化学に興味を持つ
授業のねらい・到達目標 固体結晶の表面・界面は,格子緩和,対称性の低下,電荷移動,化学吸着などにより,結晶内部とは異なる物性を示す。また固体の表面・界面はエネルギーや物質のやりとりの場,ナノ構造成長の基板としても重要である。この授業では,固体表面・界面で起こる興味ある現象について学ぶ。
授業の方法 講義形式、英語論文等の輪読等を組合せて行う。レポート等の課題を必要に応じて課す。
履修条件 なし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 文献調査,レポートの作成等のため1時間程度の事前学習をすることが望ましい。
授業計画
1表面科学 イントロダクション
2表面の原子構造・電子状態の実験手法(1)
3表面の原子構造・電子状態の実験手法(2)
4表面・界面の原子構造(1)
5表面・界面の原子構造(2)
6表面・界面の電子状態(1)
7表面・界面の電子状態(2)
8吸着(1)
9吸着(2)
10量子化学とハートレーフォック法
11Gaussianによる量子化学演習(1)
12Gaussianによる量子化学演習(2)
13Gaussianによる量子化学演習(3)
14課題学習
15まとめと展望、レポート課題の説明
その他
参考書 特になし
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 水曜日18:00~19:30。出張等で不在のときもあるので授業終了後アポイントを取る。8号館A108室

このページのトップ