文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語 > 中国語14
日本大学ロゴ

中国語14

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 中国語14
平成27年度以前入学者 中国語14
教員名 渡邉 登紀
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 外国語科目
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 中国語の文法を身につける。
授業のねらい・到達目標 初級の復習を経て、中級程度の中国語力を身につける。
授業の方法 テキスト『いぶこみ12景』に即して授業を進める。
履修条件 「中国語1~8」から6単位以上修得していること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学修として、付属CDを聞いておくこと。テキストの課題文を事前に翻訳し、練習問題を解いておくこと。事後学修として、テキストに出てきた重要構文や重要語句を暗記すること。テキスト課題文については、付属CDを用いて「聴写(ディクテーション)」を行うこと。
以下の授業計画はあくまで予定であり、学生の理解度や問題意識に応じて、変更されることがある。
授業計画
1ガイダンス
前期の復習
2第7課 婆媳関係1
3第7課 婆媳関係2
4第8課 川菜1
5第8課 川菜2
6第9課 中華医薬1
7第9課 中華医薬2
8第10課 九九重陽節1
9第10課 九九重陽節2
10第11課 旅游1
11第11課 旅游2
12第12課 除夕夜1
13第12課 除夕夜2
14理解度の確認
15まとめ
その他
教科書 相原茂・蘇明 『日中いぶこみ12景』 朝日出版社
中国語13・14で年間を通して共通のテキストを用いる。
参考書 授業時に紹介する。
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業内テスト(50%)
授業態度と授業内テストを重視する。
オフィスアワー 月曜日3限。事前のアポイントメントが望ましい。

このページのトップ