文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > リハビリテーション論
日本大学ロゴ

リハビリテーション論

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 リハビリテーション論
教員名 小山 貴之
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 社会福祉の分野では、医学知識、特にリハビリテーション医学の知識は重要である。
「リハビリテーション論」では障害学としてのリハビリテーションの意義と社会福祉領域で必要なリハビリテーション医学の知識を学ぶ。疾病を理解する。
授業のねらい・到達目標 リハビリテーションの概要について学び、理解した内容を概説できる。
障害の階層について学び、理解した内容を概説できる.
国際生活機能分類(ICF)の基本的概念と概要について学び、理解した内容を概説できる.
疾病と障害の概要を学び、理解した内容を概説できる.
授業の方法 教科書(学生のためのリハビリテーション医学概論)の内容にしたがって進める。
講義方式でPowerpointのPresentationを用いて行う。
履修条件 医学知識を履修した後に履修することが望ましい。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 少なくとも、中学校・高等学校で履修する程度の生物・保健の知識があることが求められる。
あらかじめ可能な範囲で各自で見直しておくことことが望ましい。
授業計画
1リハビリテーションの概念、定義、目的、対象、リハビリテーション医学にかかわる専門職
[準備]上記項目を予習しておくこと。
2リハビリテーション医学総論:
障害の階層とアプローチ
ICIDHとICF
[準備]上記項目を予習しておくこと。
3リハビリテーション医学総論:
リハビリテーション評価学
ADLとIADL
[準備]上記項目を予習しておくこと。
4リハビリテーション医学総論:
ライフステージにおける障害アプローチ
[準備]上記項目を予習しておくこと。
5高次脳機能障害について
失語、失行、失認、遂行機能障害など
[準備]上記項目を予習しておくこと。
6疾病と障害・1
脳血管障害
[準備]上記項目を予習しておくこと。
7疾病と障害・2
外傷性脳損傷、その他の中枢神経疾患、神経難病
[準備]上記項目を予習しておくこと。
8疾病と障害・3
内部障害:高血圧、糖尿病、メタボリックシンドローム、生活習慣病
[準備]上記項目を予習しておくこと。
9疾病と障害・4
心肺疾患、その他の内部障害
[準備]上記項目を予習しておくこと。
10疾病と障害・5
転倒、嚥下障害、高齢者
[準備]上記項目を予習しておくこと。
11疾病と障害・6
小児:筋ジストロフィー、脳性麻痺
[準備]上記項目を予習しておくこと。
12疾病と障害・7
脊髄損傷、運動器、義肢・装具など
[準備]上記項目を予習しておくこと。
13疾病と障害・8
がん
[準備]上記項目を予習しておくこと。
14課題学習
15授業内試験
その他
教科書 社会福祉士養成講座編集委員会・編集 『人体の構造と機能及び疾病 医学一般 (新・社会福祉士養成講座 第1巻)』 中央法規出版株式会社
栢森 良二 『学生のためのリハビリテーション医学概論(2刷)』 医歯薬出版 2012年
本田 哲三(編) 『高次脳機能障害のリハビリテーション,実践的アプローチ』 医学書院 2010年 第2版
「学生のためのリハビリテーション医学概論」は保健医療福祉系の学生を対象に執筆されている。
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 試験(90%)、授業参画度(10%)
オフィスアワー 月・水・木 昼休み

このページのトップ