文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > ソーシャルワーク演習1
日本大学ロゴ

ソーシャルワーク演習1

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 ソーシャルワーク演習1
教員名 川村 宣輝
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ ソーシャルワークに必要な基礎知識および基礎技術を学ぶ。
授業のねらい・到達目標 ソーシャルワーカーの役割とあり方(価値・理念)について理解するとともに、ソーシャルワークにかかる基礎知識および基礎技術を学ぶ。社会福祉専門職として自己理解・自己覚知やコミュニケーションの基本、他者理解の方法について、演習活動を通して体験的に理解することを目標とする。
授業の方法 ロールプレイ、グループワーク、事例研究等を通した実践的な演習を行う。演習の授業は、学生の皆さんで作り上げていくもの。積極的な授業への参加を期待したい。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前半は基本的な理解を学習するが、後半はその知識・技術を応用してのロールプレイが中心となる。事前にクライエント役としての事例を準備するとともに、ワーカー役として、各相談機関の制度・サービス等の基礎知識を学修しておくこと。
授業計画
1オリエンテーション(授業のねらい、進め方、アイスブレイク)
2ソーシャルワーカーの役割・倫理・あり方、ソーシャルワーカーとしての基本姿勢
3コミュニケーションについて理解する①(基本的な理解)
4コミュニケーションについて理解する②(応用)
5自己理解と自己覚知について、他者理解について
6記録の方法①(エコマップ、ジェノグラム)
7記録の方法②(記録の文体)
8記録の方法③(フェイスシートの作り方)
9面接技法の基礎①(基本的な知識と技術)
10面接技法の基礎②(応用編)
11面接技法ロールプレイ①(ワーカー役とクライエント役に分かれてのロールプレイ、福祉事務所での相談)
12面接技法ロールプレイ②(高齢者相談機関)
13面接技法ロールプレイ③(就労支援機関)
14面接技法のまとめ(グループディスカッション)
15全体のまとめ
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、レポート(50%)、授業参画度(20%)
出席および参加態度・レポート作成などにより評価をする。ケースワーカーとしての演習なので、特にワーカーとしての資質(取り組み態度・問題意識・専門職意識等)に関して、演習への参加態度により評価をする。
オフィスアワー 月曜、水曜、木曜日の昼休み。

このページのトップ