文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 就労支援サービス論
日本大学ロゴ

就労支援サービス論

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 就労支援サービス論
教員名 川村 宣輝
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 就労支援を必要とする障がい者等の現状と課題を理解し、就労支援の制度・サービス等の実際について学ぶ。また、就労支援の最新の動向についても把握する。
授業のねらい・到達目標 職業自立を目指している障がいを抱えた人達を、地域の中でどのように支援していくのか。就労支援における法制度の概要や具体的な支援・サービス内容を学ぶと共に、地域の関係機関の連携やネットワークの方法等について解説する。
また、「人が働くことの意義」についても、学生自身の問題として併せて考えてみたい。
授業の方法 講義形式の授業であるが、テーマによってはグループディスカッションやDVD等の視聴覚教材を取り入れながら授業を進めていきたい。
また、実践現場の専門家をゲストスピーカーとして招聘し、現状と課題についてお話し頂く。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前に各回に学ぶテーマについて、テキストにより確認しておくこと。また、日常的に就労支援に関連する新聞記事・ニュース等の情報に関心をもち、授業で学んだことと結びつけて考えてみる習慣をつけるようにする。
授業計画
1オリエンテーション、働くことの意義と目的
2キャリア形成と就労支援
3障がい者雇用・就労の動向
4労働施策の概要と労働法規の概要
5就労支援制度・サービスの概要①(就労支援制度の概要)
6就労支援制度・サービスの概要②(障害者福祉施策における就労支援制度)
7就労支援制度・サービスの概要③(障害者雇用施策の概要とサービス内容)
8就労支援制度・サービスの概要③(低所得者等に対する支援)
9就労支援に係る専門職の役割と実際①
10就労支援に係る専門職の役割と実際②(ゲストスピーカーからの実践活動報告、質疑応答)
11就労支援分野との連携と実際
12地域における就労支援の事例①(精神障害者)
13地域における就労支援の事例②(発達障害者)
14就労支援における今後の課題
15まとめと質疑
その他
教科書 桐原宏行編 『就労支援サービス (社会福祉士シリーズ第18巻)』 弘文堂 2017年 第3版
参考書 授業の中で適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 試験(60%)、授業参画度(40%)
オフィスアワー 月曜、水曜、木曜日の昼休み。

このページのトップ