文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 障害者福祉論1
日本大学ロゴ

障害者福祉論1

このページを印刷する

科目名
平成28年度以前入学者
障害者福祉論1
教員名 川村 宣輝
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 障がい者福祉の現状や課題を学ぶことにより、今後の障がい者福祉のあり方について考察する。
授業のねらい・到達目標 障がい者の人権や生活について学び、その支援の方法やあり方について考える。障がいの概念や理念を踏まえ、障がい者の生活の質を高めるための具体的な法制度、支援サービス、支援の実際について学ぶ。障害者福祉論1では、障がいの概念や理念について理解し、障がいの種類による障がい特性について基本的な理解を深めるとともに、障がい者の人たちの生活について学ぶ。
授業の方法 新聞、ニュース等で連日のように障がい者関連の報道がされているが、そうした時事トピックスも取り入れながら授業を進める。また教員からの、一方的な講義だけではなく、グループディスカッション等やDVDなどの視聴覚教材も活用しながら受講生の興味を拡げていけるような授業としたい。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 日頃から障がい者に関連した新聞・雑誌記事等に関心をもち、障がい者についての最新の情報を収集し、障がい者問題を考えるきっかけとする。
授業計画
1オリエンテーション、障がいの概念(ICIDHとICF)
2障害者福祉の基本的理念(基本的人権、ノーマライゼーション、リハビリテーション、インクルージョン)
3障がい者の実態、統計
4障がいの基礎的理解①(身体障がい者)
5障がいの基礎的理解②(知的障がい者)
6障がいの基礎的理解③(精神障がい者)
7障がいの基礎的理解④(発達障がい者)
8障がいの基礎的理解⑤(高次脳機能障がい等その他の障がい者)
9障がい者の歴史的理解
10当事者からの提言(ゲストスピーカー)
11障がい者の生活の理解①(身体障がい者)
12障がい者の生活の理解②(知的障がい者)
13障がい者の生活の理解③(精神障がい者、発達障がい者)
14障がい者の家族への支援
15まとめと質疑
その他
教科書 授業の中で紹介する。
参考書 授業の中で適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 試験(60%)、授業参画度(40%)
オフィスアワー 月曜、水曜、木曜日の昼休み

このページのトップ