文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 実習指導ゼミナール2
日本大学ロゴ

実習指導ゼミナール2

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 実習指導ゼミナール2
教員名 後藤 広史
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
学期 通年 履修区分 選択
授業テーマ ソーシャルワーク実習の事前・事後指導
授業のねらい・到達目標 ①ソーシャルワーク実習を行う目的を明確にする
②実習計画書を作成する
③実習日誌の書き方・考察の深め方を習得する
④実習報告書の作成・実習報告会を通して実習の考察を深める
授業の方法 講義、グループディスカッション、個人指導
履修条件 2年次に実習指導ゼミナール1を履修し単位を修得していること
事前学修・事後学修,授業計画コメント 自身のソーシャルワーク実習領域に関連ある書籍・論文等に目を通し事前・事後学修を行うこと
実習スケジュールにより授業計画は大幅に変更する可能性がある
授業計画
1全体オリエンテーション
2クラスオリエンテーション
3ソーシャルワーク実習の流れと留意点
4実習日誌の書き方
5実習先の理解と実習計画案の発表➀―福祉事務所領域
6実習先の理解と実習計画案の発表②―生活困窮者領域
7実習先の理解と実習計画案の発表③―地域福祉領域
8実習先の理解と実習計画案の発表④―障害者福祉領域
9実習先の理解と実習計画案の発表⑤―上記以外
10実習計画書の作成①(個人指導)➀―福祉事務所領域
11実習計画書の作成②(個人指導)②―生活困窮者領域
12実習計画書の作成③(個人指導)③―地域福祉領域
13実習計画書の作成④(個人指導)④―障害者福祉領域
14実習計画書の作成④(個人指導)⑤―上記以外の領域
15総括
16オリエンテーション
17実習報告書の書き方
18実習の報告と考察➀―福祉事務所領域
19実習の報告と考察②―生活困窮者領域
20実習の報告と考察③―地域福祉領域
21実習の報告と考察④―障害者福祉領域
22実習の報告と考察⑤―上記以外の領域
23実習報告書の作成➀(個別指導)―福祉事務所領域
24実習報告書の作成②(個別指導)―生活困窮者領域
25実習報告書の作成③(個別指導)―地域福祉領域
26実習報告書の作成④(個別指導)―障害者福祉領域
27実習報告書の作成⑤(個別指導)―上記以外の領域
28実習報告会のガイダンス
29実習報告会に向けてのグループ学習
30プレ実習報告会
その他
教科書 教科書は使用しない
参考書 金子絵里乃・後藤広史 『ソーシャルワーク』 弘文堂 2016年
授業の進行状況をみて適宜指示する
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、実習計画書・実習報告書(40%)、実習先評価(30%)
4回以上欠席した場合は、単位を不可とする。遅刻は2回で1回の欠席扱いとする
オフィスアワー 日時:金曜16:20~17:50
場所:研究室(H313)
方法:原則事前にメール等でアポイントをとること

このページのトップ