文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > ソーシャルワーク演習4
日本大学ロゴ

ソーシャルワーク演習4

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 ソーシャルワーク演習4
教員名 坂田 伸子
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ コミュニティ・ソーシャルワークの展開過程・方法について学ぶ。
授業のねらい・到達目標 コミュニティ・ソーシャルワークの展開過程と方法について理解する。
地域課題をアセスメントし、プランニングができるようになる。
授業の方法 事例検討、グループワーク、ロールプレイを中心に行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習については、授業時に提示する。事例の中でわからない専門用語の意味を調べ、授業時に内容が理解できるようにしておく。
事後学習については、地域福祉に関係した新聞記事やニュースについて説明できるようにする。
授業計画は、授業の進行状況等により多少変更することがある。
授業計画
1オリエンテーション:コミュニティ・ソーシャルワーク、コミュニティワーカーの概要について学ぶ。
演習グループのメンバーを知る。
2地域を知る:各自が育った地域について理解する。メンバーの育った地域について理解する。
3地域住民を知る:それぞれの地域の住民が抱える課題を把握し、対応策を考える。
4地域住民のニーズ把握と方法について理解する:事例の調査結果をもとに福祉ニーズを明らかにし、対応策を考える。
5コミュニティ・ソーシャルワークを理解する①:事例の家族が抱える福祉ニーズ(ミクロレベル)を把握し理解する。
6コミュニティ・ソーシャルワークを理解する②:事例の地域住民が抱える福祉ニーズ(メゾレベル)を把握し理解る。
7コミュニティ・ソーシャルワークを理解する③:事例の地域福祉計画をもとに、地域におけるワークショップ、イベント等を企画する。
8コミュニティ・ソーシャルワークを理解する④:住民への周知方法の一つとして企画したイベントのチラシ・ポスター等を作成する。
9コミュニティ・ソーシャルワークを理解する⑤:③の企画のプレゼンテーション、④で作成したチラシ・ポスター等を発表し、グループ間相互で評価する。
10地域課題を把握する①:事例からコミュニティワーカーと地域住民の役割について考える。
11地域課題を把握する②:地域活動を描いているビデオを通して、実際の地域住民の活動を学ぶ。
12地域課題を把握する③:事例から地域における福祉ニーズを把握し、住民主体の取り組みや住民の組織化について考える。
13地域課題を理解する④:地域の課題と対応策を考える。
地域福祉計画を理解する①:地域福祉計画(概要版)を読んで理解する。
14地域福祉計画を理解する②:各自が育った市町村の地域福祉計画の概要を調べて理解する。
15地域福祉計画を理解する③:グループ内で各自が調べた地域福祉計画の概要を発表する。
授業のまとめと振り返りを行う。
その他
教科書 使用しない
参考書 授業時に提示する。
成績評価の方法及び基準 平常点(40%)、レポート(20%)、授業参画度(40%)
出席・授業への参加度を重視し、学則上の出席規定を満たさない場合は評価対象外とする。
欠席・遅刻・早退を厳しくチェックするので、注意すること。
オフィスアワー 授業終了時

このページのトップ