文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 社会的排除と貧困
日本大学ロゴ

社会的排除と貧困

このページを印刷する

科目名
平成28年度以前入学者
社会的排除と貧困
教員名 鴨澤 小織
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 社会的排除と貧困の理解、社会福祉の課題を新しい枠組みで理解する。
授業のねらい・到達目標 急速なグローバリゼーションの進行の中で、新しい形の貧困が拡がっている。EU育ちの概念「社会的排除」から日本社会に広がりつつある貧困を捉え、主要な社会関係から特定の人を閉め出す構造や今の日本の社会問題を考察していく。特に若者、女性、高齢者の貧困に焦点を当て、「社会的包摂」とは何かを自分なりに考えることができるようになることを目標とする。
授業の方法 講義から基礎知識を学び、新聞、ビデオ等から最新の情報を共有して自分の意見をまとめていく作業をしながら授業を進めていく。
参加型授業として、積極的な姿勢が望まれる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント リーディングリスト、新聞、資料などをこちらから提示しますので、授業の前に読んでから授業に来てください。
授業計画
1オリエンテーション 貧困と社会的排除について
2社会的排除とは何か
3貧困の実態と社会的排除 ヨーロッパの例から
4グローバリゼーションと社会的排除
5若者と貧困
6高齢者の貧困
7女性と子供と貧困
8グループワーク
9プレゼンテーション①
10社会的包摂とは何か:多様な包摂への視点、
11国際的な組織の動き
12ゲストスピーカー
13プレゼンテーション②
14課題学習
15まとめ
その他
教科書 オリエンテーションでリーディングリストを渡します。
成績評価の方法及び基準 レポート(40%)、授業参画度(20%)、プレゼンテーション(40%)
オフィスアワー 授業内でEメイルアドレスを教えますので、そちらに連絡して下さい。

このページのトップ