文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > ボランティア実践演習2
日本大学ロゴ

ボランティア実践演習2

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 ボランティア実践演習2
教員名 鴨澤 小織
単位数    1 学年 3・4 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 多様なボランティア活動のニーズ調査の展開
授業のねらい・到達目標 本学を拠点とした地域でのボランティア活動を展開するため、ボランティア実践演習1でのボランティ活動ニーズ調査結果をもとに、ボランティア活動の計画立案・地域への働きかけ・活動実践へ継続させる。
これらの活動を通じて福祉社会に貢献できるマネジメント力の習得を目標とする。
授業の方法 演習形式や地域フィールドワークを中心に進める。
履修条件 ボランティア実践演習1から継続履修が望ましいが、2からの履修も可能。
事前学修・事後学修,授業計画コメント オリエンテーションで話します。
授業計画
1オリエンテーション
2多様なボランティ活動実践の報告
3地域ボランティ活動の計画立案の方法論と準備
4ボランティア活動の計画立案作成
5ボランティア活動の試行的実践のための準備
6ボランティア活動実践1
7ボランティア活動実践1
8ボランティア活動の実践報告
9ボランティア活動の試行的実践の活動評価 ディスカッション1
10ボランティア活動の試行的実践の活動評価 ディスカッション2
11活動の総括1
12活動の総括2
131年間の活動を振り返って:プレゼンテーション
14課題授業
15ボランティア活動の実践のまとめ
その他
参考書 授業時に適宜紹介をする。
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、レポート(40%)、授業参画度(40%)
オフィスアワー 授業時にメールアドレスを教えます、そちらに連絡ください。

このページのトップ