文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > ボランティア実践演習3
日本大学ロゴ

ボランティア実践演習3

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 ボランティア実践演習3
教員名 鴨澤 小織
単位数    1 学年    4 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 福祉NPOやボランティア、福祉関係の様々な活動について理解する。
さらに社会貢献活動や、福祉ビジネスについても幅広く理解し実際に活動できる。
授業のねらい・到達目標 地域活動としてボランティア活動をとらえ、ボランティア活動に必要な心構えやルールを理解し、様ざまな社会福祉実践における活動、地域の中
での社会活動を展開する。
地域活動としてのボランティア活動を実践し、地域市民としての基礎的な態度を養うことを目指す。
授業の方法 ボランティア活動を実施すること。その活動についての活動報告をレポートにまとめ提出、プレゼンテーションでクラスで共有すること。
履修条件 後期のボランティア実践演習4を履修することが望ましい。
事前学修・事後学修,授業計画コメント オリエンテーションで説明します。
授業計画
1オリエンテーション
2ボランティア活動について、今までの経験から
3ボランティア活動の意義、必要性、心構え等について
4ボランティア活動の現場を学ぶ1
5ボランティア活動の現場を学ぶ2
6報告会
7地域活動(ボランティア活動)を体験のための準備
8地域活動(ボランティア活動)を体験する
9地域活動(ボランティア活動)を体験する
10地域活動(ボランティア活動)を体験する
11地域活動振り返り①地域活動(ボランティア活動)の体験を振り返る
12報告会準備
13ボランティア活動振り返り②ボランティア活動体験を発表する
14課題学習
15まとめと総括:後期の地域活動実践について
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、レポート(40%)、授業参画度(40%)
オフィスアワー 授業中にメールアドレスを教えますので、そこに連絡してください。

このページのトップ