文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 福祉NPO論
日本大学ロゴ

福祉NPO論

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 福祉NPO論
教員名 鴨澤 小織
単位数    2 学年 3・4 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 福祉NPO,NGO,非営利組織などについて理解する。
授業のねらい・到達目標 少子高齢化、福祉財政危機が叫ばれる中、新たな公の担い手としてNPOが注目を集めている。また、国際社会では援助の現場でNGOの影響力が増している。本講議では、民間非営利セクターの役割と、それが抱える構造的課題、制度的課題に取り組む。
到達目標
(1)福祉NPO,非営利組織の実態や理論を把握することができる。
(2)事例を分析し、その結果を論理的にまとめることができる。
(3)自分の考えをまとめて人に説明できる。
授業の方法 日本、海外の事例を使って現状を理解し、グループディスカッション、マインドマップ、ゲストスピーカーの話などから社会貢献できる非営利組織を設立することを考え、最終的にポスター発表する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント オリエンテーションで説明します。
授業計画
1オリエンテーション
2非営利組織について考える
3ボランティアとNPOの役割は何か
4非営利組織の歴史的発展過程を知る
5新しい公共、NPOと社会サービス
6社会的企業という新しい動き
7グループワーク:期末ポスターセッションの準備~非営利組織を立ち上げる
8国際NGOの動き
9海外の非営利セクター
10日本のNPOの課題:人材育成・ファンドレージング
11プレゼンテーション:「非営利組織を立ち上げる」中間発表
12ゲストスピーカー
13まとめ
14課題学習
15ポスター発表
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、授業参画度(40%)、ポスター発表、プレゼンテーション(40%)
オフィスアワー 授業中にメールアドレスを教えますので、そちらに連絡して下さい。

このページのトップ