文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 福祉社会論2
日本大学ロゴ

福祉社会論2

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 福祉社会論2
教員名 鴨澤 小織
単位数    2 学年 3・4 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 「福祉社会学」の理論と方法の理解
授業のねらい・到達目標 「福祉社会学」は、福祉を研究する社会学であり、現代社会の構造や変化を理解するうえで不可欠なものである。
高齢化社会の課題、子どもの人権にまつわる問題、外国人労働者、障害者運動、福祉ネットワークや非営利組織、ジェンダーの問題など
福祉を研究主題に、社会学的な視点からそれに接近し、理解しようと試みる。
本講座は今日の福祉に関係する問題を、アカデミックな視点から接近することを目的とする。
授業の方法 文献を一緒に読む、疑問を共有するなど、社会の問題について丁寧に考える授業としたい。
事前学修・事後学修,授業計画コメント オリエンテーションで伝えます
授業計画
1オリエンテーション
2福祉社会学とは何か
3多様な社会をどう読み解くのか
4「社会学」の影響力
5社会的排除と社会的包摂
6リーディングウィーク
7福祉社会論 ①家族と集団
8福祉社会論 ②地域とコミュニティ
9ディスカッション:親密性と連帯
10福祉社会論 ③国家と個人
11福祉社会論 ④ジェンダー、仕事と生活
12福祉社会論の可能性:労働から考える
13プレゼンテーション
14課題学習
15まとめと総括
その他
成績評価の方法及び基準 レポート(40%)、授業参画度(30%)、プレゼンテーション(30%)
オフィスアワー 授業でメールアドレスを教えますので、そちらに連絡して下さい。

このページのトップ