文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 福祉社会実践基礎講義1
日本大学ロゴ

福祉社会実践基礎講義1

このページを印刷する

平成29年度入学者 福祉社会実践基礎講義1
教員名 鴨澤 小織
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 広く社会を見渡し援助者と援助を要する人との相互関係である多様な福祉を学ぶ
授業のねらい・到達目標 多様な福祉の担い手から多くのことを学べる機会を作ることで、
今社会で何か起こっていて、何が必要とされているのかを自分で感じ、理解することができる。
授業の方法 基礎講義で全体像を理解し、ゲストスピーカーから実践の動きを聞き、クラスでの振り返りを通して理解を深める。
グループワークも取り入れ、クラスメートとの情報の共有を通して思考を広げる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 多くのゲストスピーカーから多様な福祉の活動を聞くことができる貴重な機会です。
資料、文献などを配布しますので事前に読んできて下さい。
授業計画
1人々の生活とさまざまな社会福祉のかたち:ガイダンス
2その人らしく暮らすために①
子どもがいきいきと暮らすために
3ゲストスピーカー
4その人らしく暮らすために②
人々が抱える生きにくさ:障がい、病気とともに生きる
5ゲストスピーカー
6その人らしく暮らすために③
ジェンダーと福祉:ひとり親家庭の現実
7ゲストスピーカー
8人を支援する①
災害と暮らしの再生
9ゲストスピーカー
10人を支援する②
NPO,ボランティア、社会的企業について知る
11ゲストスピーカー
12ゲストスピーカーを振り返って
5人のゲストスピーカーから学ぶ
13グループワーク
14課題授業
15まとめ・発表
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、レポート(30%)、授業参画度(40%)
オフィスアワー 授業でメールを教えますので質問はそちらにお願いします。

このページのトップ