文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > ソーシャルワーク演習5
日本大学ロゴ

ソーシャルワーク演習5

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 ソーシャルワーク演習5
教員名 久松 信夫
単位数    1 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ ソーシャルワーク実習の体験・素材を活用して、ソーシャルワーク実践に関する知識や技術、視点について考え、学び、身につける。
授業のねらい・到達目標 ソーシャルワーカーが実践過程で直面するさまざまな課題を疑似体験し、事例検討、ロールプレイ、スーパービジョンを通して、どのようにクライエントに関わるのか、その視点・方法について考える。
授業の方法 演習型の講義とし、学生同士のプレゼンテーションやディスカッションを活用して、学生自身が自分の考えを他者に伝えることや、他者の意見を参考に自分なりの考えを発表する過程を重視する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習や授業時に提示される課題への積極的な取り組みを求める。
授業計画
1オリエンテーション
2プロセスレコードとロールプレイ①
3プロセスレコードとロールプレイ②
4プロセスレコードとロールプレイ③
5プロセスレコードとロールプレイ④
6プレゼンテーション(実習を通して考えたソーシャルワークとは)①
7プレゼンテーション(実習を通して考えたソーシャルワークとは)②
8事例検討とスーパービジョン①
9事例検討とスーパービジョン②
10事例検討とスーパービジョン③
11事例検討とスーパービジョン④
12ディスカッション①(ソーシャルワーカーになるために必要なコト)
13ディスカッション②(ソーシャルワーカーを続けるために必要なコト)
14ディスカッション③(ソーシャルワーク/ソーシャルワーカーとは何か)
15総括
その他
参考書 中部学院大学通信教育部監修、藤園秀信・打保由佳・川田誉音編 『『社会福祉相談援助演習』』 みらい 2016年
中嶌洋・園川緑編著 『『保育・社会福祉学生のための相談援助演習入門』』 萌文書林 2015年
植田章・畠中義久・松岡徹編著 『『対人援助職のための「相談援助演習」ワークブック』』 ミネルヴァ書房 2015年
成績評価の方法及び基準 平常点(40%)、レポート(30%)、授業参画度(30%)
・授業時の態度、発言力、発表力、積極性なども加味します。
・授業時間中の教室の出入り、私語、机上・机下などでのスマホの過度の使用、本演習に関係のない作業をしている場合は、名前をチェックし減点とすることがあります。
オフィスアワー 授業終了時

このページのトップ