文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 子ども家庭支援論1
日本大学ロゴ

子ども家庭支援論1

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 子ども家庭支援論1
教員名 永野 咲
単位数    2 学年 3・4 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 子どもと家庭をとりまく多様な問題と支援について理解する
授業のねらい・到達目標 ⑴子どもの主体性や参画について理解する
⑵子どもや家庭が抱える問題について理解する
⑶子どもや家庭への支援のあり方について多角的に考える
授業の方法 講義、映像資料、グループワークによるディスカッションを基本とする。
必要に応じて、見学等のフィールドワークを行う。
履修条件 子ども家庭支援論2の継続履修が望ましい
事前学修・事後学修,授業計画コメント 次回の内容に関する事前学習及び授業時に提示された課題への取り組みを求める。
状況によって授業計画の進度調整がありうる。
授業計画
1オリエンテーション
2主体としての子ども①子どもに必要なものは何か
3主体としての子ども②子どもの参画
4虐待・マルトリートメント問題を抱える家庭への支援①支援の実際
5虐待・マルトリートメント問題を抱える家庭への支援②新たな取り組み
6非行傾向のある子どもと家庭への支援①支援の実際
7非行傾向のある子どもと家庭への支援②被害性と加害性
8社会的養護のもとで暮らす子どもと家庭への支援①施設養護・退所後の暮らし
9社会的養護のもとで暮らす子どもと家庭への支援②里親・養子縁組
10社会的養護のもとで暮らす子どもと家庭への支援③人生史
11経済的問題を抱える家庭への支援①支援の実際
12経済的問題を抱える家庭への支援②新たな取り組み
13ひとり親家庭への支援①支援の実際
14ひとり親家庭への支援②新たな取り組み
15総括
その他
教科書 なし
参考書 木村容子・有村大士 『子ども家庭福祉』 ミネルヴァ書房 2016年
相澤仁・林浩康 『社会的養護』 中央法規 2015年
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、レポート(40%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 授業終了時

このページのトップ