文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 子ども発達論
日本大学ロゴ

子ども発達論

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 子ども発達論
教員名 永野 咲
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 「子ども」という存在を発達の視点から捉える
授業のねらい・到達目標 ⑴子どもの発達に関する基礎理論を理解する
⑵胎児期から青年期までの発達段階を理解する
⑶発達の視点から、養育のあり方・子育て支援のあり方について考える
授業の方法 講義、映像資料、グループワークによるディスカッション
事前学修・事後学修,授業計画コメント 次回の内容に関する事前学習及び授業時に提示された課題への取り組みを求める
状況によって授業計画の進度調整がありうる
授業計画
1オリエンテーション
2発達理論の基礎①生涯発達の視点
3発達理論の基礎②主な発達理論・前半
4発達理論の基礎③主な発達理論・後半
5胎児期・新生児期の発達
6乳児期の発達①身体的発達とこころ
7乳児期の発達②ことばと愛着
8幼児期の発達①身体的発達とこころ
9幼児期の発達②社会性の構築
10幼児期の発達③遊び
11児童期の発達①身体的発達とこころ
12児童期の発達②社会性と学習
13青年期の発達
14特別なニーズに対する支援
15総括
その他
教科書 なし
参考書 遠藤利彦・佐久間路子・徳田治子・野田淳子 『乳幼児のこころー子育ち・子育ての発達心理学』 有斐閣 2011年
小野寺敦子 『手にとるように発達心理学がわかる本』 かんき出版 2009年
無藤隆・岡本祐子・大坪治彦 『よくわかる発達心理学』 ミネルヴァ書房 2009年 第2版
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、レポート(40%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 授業終了時

このページのトップ