文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 健康・スポーツ教育科目 > 健康・スポーツ教育実習(バドミントン)
日本大学ロゴ

健康・スポーツ教育実習(バドミントン)

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
健康・スポーツ教育実習(バドミントン)
科目名
平成27年度以前入学者
健康・スポーツ教育実習(バドミントン)
教員名 韓 在璟
単位数    1 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 健康・スポーツ教育科目
学期 半期 履修区分 必修
授業テーマ 競技の本質を知る
授業のねらい・到達目標 対象となる種目の特徴や他種目との近似点・相違点、設定されている動作やその根拠,動作実行のためのトレーニング方法など,実践を通じて理解を深める。
授業の方法 バドミントンのゲームを楽しむことが中心となる。楽しさを深めるために,様々な技術を段階的に紹介し,その獲得を目指した練習をゲームと並行して進める。ゲームはシングルスとダブルスを行うが,すべてのスキルレベルで楽しめるように,ルールや対戦を工夫する。その際に計画,進行,審判,記録などを分担しながら協同して運営する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント バドミントンのシングルスとダブルスのコートおよび用具の名称,さらにルールの基本的内容を確認しておくこと。バドミントンで用いられる6種類の基本となるストロークその名称を理解しておくこと。
授業計画
1ガイダンス
2グリップ,ラケッティング,フットワーク,ショートドライブ
用具の準備,安全管理
3リフティング,ショートサーブ,ショートドライブ,ヘアピン
とりあえずルールのゲーム
4リフティング,ロングサーブ,ドライブ,ヘアピン
シングルスのルール,シングルス・ゲーム,審判法
5ロングサーブ,ロングドライブ,クリア,各種フライトによるドリル
シングルス・ゲーム(リーグ戦),ゲーム運営の方法と役割分担
6クリア,スマッシュ,ロビング,各種フライトによるドリル
シングルス・ゲーム(スキルレベル別リーグ戦),ゲームの運営と記録
7クリア,スマッシュ,ドロップ
ダブルスのルール,ダブルス・ゲーム,審判法
8ダブルスのフォーメーション,戦術と戦略
ダブルス・ゲーム(スキルレベル別リーグ戦),ゲームの運営と記録
9バドミントンの運動強度と運動量の測定(心拍数測定と適正運動量)
ダブルス・ゲーム(スキルレベル別リーグ戦)
10様々な組合せによるダブルス・ゲームを楽しむ
ダブルス・ゲーム(男女別,ミックス,学科別団体リーグ戦)
11ダブルス・ゲームを楽しむ
ダブルス・ゲーム(スキルレベル別リーグ戦)
12ダブルス実践ゲーム(混合ダブルスの意義)
13ダブルス実践ゲーム(混合ダブルスの方法)
14混合ダブルス実践ゲーム
15総合的な技術評価
その他
教科書 なし
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 平常点(40%)、授業参画度(60%)
バドミントンの実力より授業の積極的な参加及び態度をもとに成績評価する
オフィスアワー 授業内にE-mailアドレスを伝えるので、そちらに連絡して下さい。
備考 バドミントンができる服装と体育館シューズを必ず履くこと。

このページのトップ