文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 健康・スポーツ教育科目 > 健康・スポーツ教育実習(コンバインドスポーツ)
日本大学ロゴ

健康・スポーツ教育実習(コンバインドスポーツ)

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
健康・スポーツ教育実習(コンバインドスポーツ)
科目名
平成27年度以前入学者
健康・スポーツ教育実習(コンバインドスポーツ)
教員名 深田 喜八郎
単位数    1 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 健康・スポーツ教育科目
学期 半期 履修区分 必修
授業テーマ [生涯スポーツ]実践への入り口
授業のねらい・到達目標 対象となる種目の特徴や他の種目との近似点や相違点、設定されている動作やその根拠、動作実行のためのトレーニング方法など、実践を通じて理解を深める。
授業の方法 多様な体育施設を用いて行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習として、各種目のルールを確認しておく。事後学習として、競技を実践するためのポイントをまとめる。
授業計画
1ガイダンス
2体力測定
3卓球①:基本的技術の習得
「準備」インターネットや書籍等でルールや技術の確認をしておくこと。
4卓球②:ゲーム
「準備」インターネットや書籍等でルールや技術の確認をしておくこと。
5バドミントン①:基本的技術の習得
「準備」インターネットや書籍等でルールや技術の確認をしておくこと。
6バドミントン②:ゲーム
「準備」インターネットや書籍等でルールや技術の確認をしておくこと。
7ミニテニス①:基本的技術の習得
「準備」インターネットや書籍等でルールや技術の確認をしておくこと。
8ミニテニス②:ゲーム
「準備」インターネットや書籍等でルールや技術の確認をしておくこと。
9フットサル①:基本的技術の習得
「準備」インターネットや書籍等でルールや技術の確認をしておくこと。
10フットサル②:ゲーム
「準備」インターネットや書籍等でルールや技術の確認をしておくこと。
11バスケットボール①:基本的技術の習得
「準備」インターネットや書籍等でルールや技術の確認をしておくこと。
12バスケットボール②:ゲーム
「準備」インターネットや書籍等でルールや技術の確認をしておくこと。
13グランドホッケー①:基本的技術の習得
「準備」インターネットや書籍等でルールや技術の確認をしておくこと。
14グランドホッケー②:ゲーム
「準備」インターネットや書籍等でルールや技術の確認をしておくこと。
15まとめ
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(40%)、授業参画度(60%)
オフィスアワー 講義終了時、体育学科第3実験室(水曜日9:00~17:00)
備考 体育施設の使用状況により変更の可能性あり。
総合体育館入口左の掲示板を毎週確認すること。

このページのトップ