文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 健康・スポーツ教育科目 > 健康・スポーツ教育論
日本大学ロゴ

健康・スポーツ教育論

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
健康・スポーツ教育論
科目名
平成27年度以前入学者
健康・スポーツ教育論
教員名 髙橋 正則,水落 文夫,松本 恵
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 健康・スポーツ教育科目
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 健康・スポーツを考える
授業のねらい・到達目標 健康・体育・スポーツ科学に関するテーマについての情報や研究成果を学習するとともに,身体運動が持つ教養的意義や知識を理解し,その後のスポーツ実践や健康維持増進に役立てる.
授業の方法 3名の担当教員によるオムニバス形式の講義を行う.
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回授業の復習をしておくこと.
授業計画
1ガイダンス:授業内容の説明
2コミュニケーション・スキル(担当:高橋正則)
[準備]ガイダンスの注意事項に従うこと.
3体力を知る(担当:高橋正則)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
4心を測る(担当:高橋正則)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
5オリンピズム(担当:高橋正則)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
6基本の食事・栄養の役割(担当:松本恵)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
7エネルギー摂取と消費(運動)(担当:松本恵)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
8からだづくりと栄養(担当:松本恵)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
9運動と栄養教育(担当:松本恵)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
10運動の効果(スポーツの功罪)(担当:水落文夫)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
11運動による疲労(担当:水落文夫)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
12休養の実態と意義(睡眠を見直す)(担当:水落文夫)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
13運動学習(技能習得のメカニズム)(担当:水落文夫)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
14学習内容の整理(各担当教員)
[準備]全授業の内容をノート等で確認しておくこと.
15学習内容の総括(各担当教員)
[準備]全授業の内容をノート等で確認しておくこと.
その他
教科書 日本大学文理学部体育学研究室編 『健康・スポーツ教育論』 八千代出版 2017年 第3版
必ず教科書を準備して受講すること.
参考書 なし.
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、授業内テスト(40%)、授業参画度(40%)
授業内テストやレポート等の成果を総合的に評価する.
オフィスアワー 授業終了時.
備考 使用する教室により,講義の順番が入れ替わる場合があります.

このページのトップ