文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 環境変動学1
日本大学ロゴ

環境変動学1

このページを印刷する

平成27年度以前入学者 環境変動学1
教員名 中尾 有利子
単位数    2 学年 3・4 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 地球の環境変動を読み解く
授業のねらい・到達目標 ねらい:現在,我々が生活している地質年代の”第四紀”の長さは,約46億年におよぶ地球史全体の僅か1%にも満たない.しかしがら,過去,現在,未来を結ぶ重要な時代である.第四紀を含む新生代の地球環境変動を捉えた上で,第四紀の地球環境変動,それらを解き明かす研究法,人類が直面する地球環境問題について理解する.

到達目標:
1.新生代の特徴を理解している.(1-2)
2.第四紀の特徴を理解している.(2-12)
3.第四紀の環境変動を解明する手法について,基礎的な事柄を理解している.(3-7)
4.地球環境変動の主要な特徴を理解している.(4-13)
5.地球環境問題の実態,本質と人類に課せられた課題を理解している.(13-15)
※括弧内の数字は授業計画内の講義番号

学科プログラムの学習・教育到達目標とのかかわり:「(D)専門技術」に寄与する。
授業の方法 学習内容を具体的にイメージできるよう,液晶プロジェクターを用いて図表・写真を示しながら,板書を中心に講義を進める.
以下の授業計画に加え,野外実習を行う場合がある.
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回講義で取り扱った事柄についてまとめ,復習すること.
授業計画
1新生代の地球環境1ー古第三紀と新第三紀ー
2新生代の地球環境2ー第四紀ー
3第四紀試料分析法
4地層の対比,編年と年代決定
5海底コアから読み解く環境変動
6氷床コアから読み解く環境変動
7湖沼に残された環境変動の証拠
8地表環境の変遷1ー氷河ー
9地表環境の変遷2ー海水準変動ー
10地表環境の変遷3ー大陸内部の環境変動ー
11地表環境の変遷4ー植生の変化ー
12地表環境の変遷5ー動物相の形成ー
13完新世の堆積物と環境変動
14人類の発展と環境変動
15まとめと達成度の確認
その他
参考書 遠藤邦彦・小林哲夫 『第四紀 (フィールドジオロジー9)』 共立出版 2012年
『デジタルブック最新第四紀学』 日本第四紀学会 2013年 第2版
成績評価の方法及び基準 授業内に行うミニレポート及びレポート(100%)
総合的に判断し,60点以上を合格とする.
〈達成度評価基準〉
1.新生代の特徴を理解している.(20点)
2.第四紀の特徴を理解している.(20点)
3.第四紀の環境変動を解明する手法について,基礎的な事柄を理解している.(20点)
4.地球環境変動の主要な特徴を理解している.(20点)
5.地球環境問題の実態,本質と人類に課せられた課題を理解している.(20点)
オフィスアワー 原則として、当該授業日の昼休みに研究室(A306室)にて対応する.

このページのトップ