文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 固体地球物質科学実験1
日本大学ロゴ

固体地球物質科学実験1

このページを印刷する

平成27年度以前入学者 固体地球物質科学実験1
教員名 高橋 正樹・金丸 龍夫・長井 雅史
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 偏光顕微鏡による鉱物・岩石の鑑定
授業のねらい・到達目標 偏光顕微鏡を用いて地殻を構成する物質である岩石・鉱物を観察し、それらの生成プロセスについて学習する。
・学科プログラムの学習・教育目標とのかかわり「(D)専門技術」に寄与する。
(1)鉱物の光学的性質が理解でき、鉱物種の鑑定ができる。(1-15)
(2)岩石の組織が理解でき、岩石種の鑑定ができる。(1-15)
※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
授業の方法 偏光顕微鏡を用いて岩石・鉱物の観察を行う.
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回の授業のまとめのレポートを作成し、次回授業で提出すること。
授業計画
1偏光顕微鏡の扱い方と原理【担当:高橋・金丸・長井】
2偏光顕微鏡による鉱物鑑定のポイント【担当:高橋・金丸・長井】
3テクト珪酸塩(石英・斜長石・カリ長石)【担当:高橋・金丸・長井】
4ネソ珪酸塩(かんらん石)・イノ珪酸塩(斜方輝石・単斜輝石)【担当:高橋・金丸・長井】
5イノ珪酸塩(ホルンブレンド)・フィロ珪酸塩(黒雲母)【担当:高橋・金丸・長井】
6変成岩に含まれる鉱物【担当:高橋・金丸・長井】
7造岩鉱物の鑑定試験【担当:高橋・金丸・長井】
8火山岩の組織【担当:高橋・金丸・長井】
9深成岩の組織【担当:高橋・金丸・長井】
10変成岩の組織【担当:高橋・金丸・長井】
11岩石の鑑定試験【担当:高橋・金丸・長井】
12薄片の製作1【担当:高橋・金丸・長井】
13薄片の製作2【担当:高橋・金丸・長井】
14まとめ1【担当:高橋・金丸・長井】
15まとめ2【担当:高橋・金丸・長井】
その他
教科書 資料を配布する。
成績評価の方法及び基準 授業内で課す課題(100%)
<達成度評価基準>
(1)鉱物の光学的性質が理解でき、鉱物種の鑑定ができる。(50点)
(2)岩石の組織が理解でき、岩石種の鑑定ができる。(50点)
オフィスアワー 教員が指示する時間と場所とする.

このページのトップ