文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 地質科学実験1
日本大学ロゴ

地質科学実験1

このページを印刷する

平成27年度以前入学者 地質科学実験1
教員名 金丸 龍夫・木村 克己
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 地質調査の基礎
授業のねらい・到達目標 地質学で扱われる地学現象の記載方法およびデータの取り扱い方法の基礎を学ぶ.学科プログラムの学習・教育到達目標「(D)専門技術」に寄与する.
・地形図など資料から特徴的な地形を判読できる(1,2,3,4).
・地質調査の基本的な方法を習得している(1-15).
・基本的な室内分析ができる(10-15).
・収集したデータを元に調査のまとめができる(1-15).
※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
授業の方法 室内での各種実験・作業により,地形地質判読や野外で収集データの表現法を学び,野外で地表踏査の具体的な方法を学ぶ.
事前学修・事後学修,授業計画コメント 世田谷区,多摩川流域,酒匂川流域の地形・地質の特徴を地形図・地質図から理解しておくこと.
授業計画
1野外調査法解説【担当:金丸】
2世田谷区南部の地形・地質観察【担当:金丸・木村】
3地形図読図1【担当:木村】
4地形図読図2【担当:木村】
5多摩丘陵の地形・地質観察【担当:木村・金丸】
6地質図学演習1【担当:木村】
7地質図学演習2【担当:木村】
8丹沢山地の岩石観察【担当:金丸】
9箱根火山の岩石観察【担当:金丸】
10岩石薄片の作成1(1次研磨)【担当:金丸】
11岩石薄片の作成2(1次研磨)【担当:金丸】
12岩石薄片の作成3(2次研磨)【担当:金丸】
13岩石薄片の作成4(2次研磨)【担当:金丸】
14鉱物の顕微鏡観察【担当:金丸】
15岩石薄片の観察【担当:金丸】
その他
成績評価の方法及び基準 授業内で課す課題(100%)
<達成度評価基準>
(1)地形図など資料から特徴的な地形を判読できる(25点).
(2)地質調査の基本的な方法を習得している(25点).
(3)基本的な室内分析ができる(25点).
(4)収集したデータを元に調査のまとめができる(25点).
上記を総合的に判断し, 60 点以 上を合格とする。
オフィスアワー 教員が指示する時間と場所とする.

このページのトップ