文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 環境地学実験
日本大学ロゴ

環境地学実験

このページを印刷する

平成27年度以前入学者 環境地学実験
教員名 竹内 真司・近藤 玲介
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 地質媒体の多面的機能の理解
授業のねらい・到達目標 地質媒体の理化学的特性を把握するために必要な知識および調査・分析方法を習得する。
学科プログラムの学習・教育到達目標「(I)現場主義(1-3)」「(D)専門技術(2-15)」に寄与する。
※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
授業の方法 配布資料などを用いて講義を行うとともに、試料を用いた各種室内分析を行う。また、現地実習により地質媒体の観察および試料採取を行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。
授業計画
1現地実習1(観察・断面記載と試料採取) (担当:近藤・竹内)
2現地実習2(観察・断面記載と試料採取)
(事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。)
(担当:近藤・竹内)
3岩石コア試料の記載1(担当:竹内)
(事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。)
4岩石コア試料の記載2(担当:竹内)
(事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。)
5地質媒体の地下水移動に関する室内実験1(担当:竹内)
(事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。)
6地質媒体の地下水移動に関する室内実験2(担当:竹内)
(事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。)
7地質媒体の地下水移動に関する原位置実験1(担当:竹内)
(事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。)
8地質媒体の地下水移動に関する原位置実験2(担当:竹内)
(事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。)
9土質試料のコア記載と剥ぎ取り標本作成1(担当:近藤)
(事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。)
10土質試料のコア記載と剥ぎ取り標本作成2(担当:近藤)
(事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。)
11ピクノメーターによる堆積物の密度測定1(担当:近藤)
(事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。)
12ピクノメーターによる堆積物の密度測定2(担当:近藤)
(事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。)
13堆積環境の推定のためのレーザー粒度計による粒度分析と電気伝導度測定1(担当:近藤)
(事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。)
14堆積環境の推定のためのレーザー粒度計による粒度分析と電気伝導度測定2(担当:近藤)
(事前学習のため、前回に行った実験のまとめを行うこと。)
15まとめ(担当:近藤・竹内)
その他
成績評価の方法及び基準 レポート(100%)
総合的に判断し60点以上を合格とする。
達成度評価基準:※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
1.地質媒体の観察・記載方法の基礎を習得している。(1-4,9-10,15)
2.地質媒体の物理的性質を計測・基礎的解析ができる。(5-8)
3.地質媒体の物理的・化学的分析と分析結果より、その形成過程および特性の基礎的な解析ができる。(11-14)
オフィスアワー 原則として、当該授業日の講義終了後に対応する。

このページのトップ