文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 地質科学1
日本大学ロゴ

地質科学1

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 地質科学1
科目名
平成27年度以前入学者
地質科学1
教員名 竹内 真司
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 地球の姿、堆積過程と地層の形成、地質時代
授業のねらい・到達目標 地層の形成に関する基礎的事項を理解する。学科プログラムの学習・教育到達目標「(D)(専門技術)」に寄与する。
授業の方法 「授業計画」欄に記されている基礎的事項に関して順に説明する。図および写真を用いて理解を深める。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習のため、前回までに行った内容のまとめを行うこと。
授業計画
1地球表層の姿 ‐陸上、海底の地形‐
2風化・侵食
(事前学習のため、前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
3運搬・堆積
(事前学習のため、前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
4整合と不整合
(事前学習のため、前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
5海水準変動
(事前学習のため、前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
6岩石サイクル・堆積岩
(事前学習のため、前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
7火山岩
(事前学習のため、前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
8変成岩
(事前学習のため、前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
9授業内テストと解説1
(事前学習のため,前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
10まとめ1
(事前学習のため、前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
11付加体の形成
(事前学習のため、前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
12地質時代の区分
(事前学習のため、前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
13地質年代の測定
(事前学習のため、前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
14授業内テストと解説2
(事前学習のため、前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
15まとめ2(事前学習のため,前回までに行った内容のまとめを行うこと。)
その他
教科書 西村祐二郎 他  『基礎地球科学』 朝倉書店 2010年 第2版
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(50%)、授業内小テスト(50%)
達成度評価基準 授業内容について60%以上会得していること。
授業内容は次の通り:地球表層の変化(1~10)、地質科学の基礎知識(11~15)
※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
オフィスアワー 原則として、当該授業日の昼休みに研究室(A-306室)にて対応します。それ以外の時間は予め予約をとってください。

このページのトップ