文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 気候気象学実習2
日本大学ロゴ

気候気象学実習2

このページを印刷する

平成27年度以前入学者 気候気象学実習2
教員名 山川 修治・佐野 清文
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 気候気象学の基礎知識に基づき多面的な解析ができるようにする。
メソ・総観規模および地球規模の気象気候解析法を習得する。
「卒業テーマ研究」につながる基礎力・応用力を養う。
「気象予報士」実技にかかわる解析法を習得する。
学科プログラムの学習・教育達成目標「(D)専門技術」に寄与する。
授業のねらい・到達目標 気象・気候に密接な解析ソフト(Excel)を活用する。
地上天気図・高層天気図に関するWeb情報を活用し、作図・解析・考察する。
気象予報士実技関連の解析法をパワーポイント等を活用して実習する。
大気現象・地球環境にかかわるデータを用い、Excelで統計解析・時系列解析を行う。
授業の方法 事前学習として前回の実習の内容を復習する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学修として前回の実習の内容をまとめる。
授業計画
1地上天気図を描く ―気圧配置と天気の構造―(担当:山川)(事前学修を内容に応じて行う)
2渦度と鉛直P速度(担当:佐野)(事前学修を内容に応じて行う)
3大気の鉛直構造① —静力学平衡—(担当:佐野)(事前学修を内容に応じて行う)
4大気の鉛直構造② —温度風—(担当:佐野)(事前学修を内容に応じて行う)
5大気中の水蒸気と相変化(担当:佐野)(事前学修を内容に応じて行う)
6顕著気象の解析① ―台風-(担当:山川)(事前学修を内容に応じて行う)
7顕著気象の解析② ―前線性豪雨-(担当:山川)(事前学修を内容に応じて行う)
8ENSOとその影響解析① ―近年のエルニーニョ現象-(担当:山川)(事前学修を内容に応じて行う)
9ENSOとその影響解析① ―近年のラニーニャ現象-(担当:山川)(事前学修を内容に応じて行う)
10グローバル気象気候解析① ―ブロッキング現象-(担当:山川)(事前学修を内容に応じて行う)
11グローバル気象気候解析② ―雪氷圏現象とテレコネクション-(担当:山川)(事前学修を内容に応じて行う)
12大気の安定度と温位・相当温位(担当:佐野)(事前学修を内容に応じて行う)
13大気の鉛直構造とエマグラムの意味(担当:佐野)(事前学修を内容に応じて行う)
14空気塊の上昇下降とエマグラム(担当:佐野)(事前学修を内容に応じて行う)
15気候・気象の変動と周期性(担当:佐野)(事前学修を内容に応じて行う)
その他
教科書 随時紹介する
成績評価の方法及び基準 レポート(70%)、授業内課題(30%)
(1)大気力学、熱力学、エマグラムを理解し、データの物理学的、時系列解析を実践できるか。(2~5、12~15)
(2)総観規模~地球規模の気象現象と大気現象について、具体的な解析・考察を実践できるか。(1、6~11)
※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
オフィスアワー 授業後随時対応する。

このページのトップ