文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 地球科学情報学実習
日本大学ロゴ

地球科学情報学実習

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 地球科学情報学実習
教員名 鵜川 元雄・加藤 央之・中山 裕則・竹村 貴人
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 集中 履修区分 選択必修
授業テーマ 地球科学に関する情報処理や数値計算に必要な基礎的なプログラミングを身につける
授業のねらい・到達目標 ・ねらい:4年次の卒業テーマ研究を効果的に行うために必要な地質科学の知識,調査法,分析 法,結果のまとめ方,発表の仕方および与えられた課題を解決するための手法を習得する.
・到達目標:学科プログラムの学習・教育到達目標「(G)地球科学の専門知識を修得する」(1‒15),に寄与する.※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
[個別事項]
1. プログラムについての基礎を習得する(1‒15)
授業の方法 コンピュータを使った実習により行う.
履修条件 基礎数学1,2,基礎物理学1,2を履修していることが望ましい.
事前学修・事後学修,授業計画コメント ・前回に行なった内容のまとめを行なう。
授業計画
1コンピュータと数値処理
2プログラミングの概念
3プログラミングの基礎1
4プログラミングの基礎2
5基本的なプログラミングのまとめ
6プログラミングの基礎3(ファイル読み込み)
7プログラミングの基礎3(ファイル読み込み1)
8プログラミングの基礎3(ファイル読み込み2)
9プログラミングの基礎3(ファイル書き込み1)
10プログラミングの基礎3(ファイル書き込み2)
11データ解析プログラムの基礎
12繰り返し・判断・飛び越し
13配列・データの読み込み
14統計計算のプログラム
15プログラムの応用
その他
成績評価の方法及び基準 レポート(100%)
オフィスアワー 原則として、当該授業日の昼休み・授業終了後に教室にて対応する。

このページのトップ