文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 流体地球科学基礎実験1
日本大学ロゴ

流体地球科学基礎実験1

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 流体地球科学基礎実験1
教員名 加藤 央之・中山 裕則・山川 修治・山中 勝・大八木 英夫
単位数    1 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 流体地球科学分野の基礎の理解
授業のねらい・到達目標 ・ねらい:地球科学ではフィールド(野外)に出かけて調査し、あるいはフィールドから得られるデータを解析して、地球の様々な現象やそのメカニズムを解明する。流体地球科学分野では、主に水圏、気圏からなり、その調査・研究手法は多様である。この授業では、気圏科学・水圏科学といった様々な研究分野の視点から、流体地球科学的な現象をとらえるための基礎的な方法論を学び、基礎知識や技術を実験・実習を通して習得する。

・到達目標: 学習を行う上での到達目標
(1)流体地球科学分野の視点で文理学部構内において実施される調査・観測するための基礎的な方法論を理解している (1-8)
(2)水圏分野の視点で富士山に関する調査・観測するための基礎的な方法論を理解している (9・13・15)
(3)気圏分野の視点で富士山に関する調査・観測するための基礎的な方法論を理解している (10・11・14・15)
(4)地球科学における情報処理(リモートセンシング)の視点で富士山に関する調査・観測するための基礎的な方法論を理解している (12・14・15)

・学科プログラムの学習・教育到達目標とのかかわり: 「(F)地球科学の専門技術を修得する」(1-15)に寄与する。
※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
授業の方法 1~8回目は、文理学部構内(教室および構内)において実習を行う。
9回目以降のカリキュラムは、夏季集中による野外実習(富士山麓)にて行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習として、前回の実習内容をまとめる。
授業計画
1流体環境観測実習1(気温・水温の測定の基礎)(事前学習として夏季の野外実習内容をまとめる)(担当:大八木)
2流体環境観測実習2(気温・水温の測定結果のまとめ方)(事前学習として前回の実習内容をまとめる)(担当:大八木)
3気圏環境観測実習1(風速・流量・降水量の測定の基礎)(事前学習として前回の実習内容をまとめる)(担当:大八木)
4気圏環境観測実習2(風速・流量・降水量の測定結果のまとめ方)(事前学習として前回の実習内容をまとめる)(担当:大八木)
5水圏環境観測実習1(酸性雨・河川水・地下水の水質測定の基礎)(事前学習として前回の実習内容をまとめる)(担当:大八木)
6水圏環境観測実習2(酸性雨・河川水・地下水の水質測定結果のまとめ方)(事前学習として前回の実習内容をまとめる)(担当:大八木)
7地球科学情報処理実習1(標高データ・衛星画像の取得方法や解析方法の基礎)(事前学習として前回の実習内容をまとめる)(担当:中山)
8地球科学情報処理実習2(標高データ・衛星画像を解析した結果のまとめ方)(事前学習として前回の実習内容をまとめる)(担当:中山)
9野外実習1(水圏環境観測実践)(事前学習として野外実習における注意点についてまとめる)(担当:山中)
10野外実習2(気圏環境観測実践1)(事前学習として前回の実習内容をまとめる)(担当:加藤)
11野外実習3(気圏環境観測実践2)(事前学習として前回の実習内容をまとめる)(担当:山川)
12野外実習4(地球科学情報処理のための観測実践)(事前学習として前回の実習内容をまとめる)(担当:地球科学科専任教員)
13野外実習5(リモートセンシング・グランドトルース資料のまとめ)(事前学習として前回の実習内容をまとめる)(担当:中山)
14野外実習6(気圏環境観測資料のまとめ)(事前学習として前回の実習内容をまとめる)(担当:地球科学科専任教員)
15野外実習7(流体地球科学基礎実験まとめレポート)(事前学習として前回の実習内容をまとめる)(担当:地球科学科専任教員)
その他
成績評価の方法及び基準 授業内に課す課題(100%)
(1)流体地球科学分野の視点で文理学部構内において実施される調査・観測するための基礎的な方法論を理解している (50点)
(2)水圏分野の視点で富士山に関する調査・観測するための基礎的な方法論を理解している (13点)
(3)気圏分野の視点で富士山に関する調査・観測するための基礎的な方法論を理解している (24点)
(4)地球科学における情報処理(リモートセンシング)の視点で富士山に関する調査・観測するための基礎的な方法論を理解している (13点)
文理学部構内における実習50%、富士山麓における野外実習50%を評価し、総合的に判断し60点以上を合格とする。
 ※(1)~(4)は到達目標の番号
オフィスアワー 原則として、当該授業日の昼休みに野外実習先および教員の居室にて対応する。

このページのトップ