文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 気象学1
日本大学ロゴ

気象学1

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 気象学1
平成27年度以前入学者 大気海洋システム科学1
教員名 山川 修治
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 気象学概論
授業のねらい・到達目標 気象学の基礎を学習する。高校地学を履修していない学生にとってもわかりやすいように、概して、空間スケールは身近な現象からグローバル現象へ、時間スケールも比較的短い現象から比較的長い現象へ展開する。最近発生した特異な気象現象については、随時、取り上げて状況の理解の助けとする。また、気象予報士資格に関する諸項目については、その基本をマスターできるようにすることも目標とする。
「太陽系のなかの地球」では、太陽系という広い視野で地球を概観する(1)。
「大気の鉛直構造」では、立体的な観点で身近な大気を概観する(2)。
「降水過程」では、降水という身近な現象の成り立ちを理解する(3~4)。
「大気の熱的な構造」では、エマグラムというグラフの基本を理解し、大気安定度とフェーン現象を理解する(5~7)。
「大規模な大気の運動」では、大気大循環、高・低気圧、前線を理解したうえで、テレコネクションに論及する(8~10)。
「海気相互作用」では、台風等とモンスーンを主に取り上げて、相互関係を理解する(11~12)。
「雪氷圏と気候変動」では、地球温暖化による雪氷圏の縮小やアイスアルベドフィードバックについて理解する(13)。
・「地球科学科」プログラムの学習・教育達成度目標「(D)専門技術」に寄与する。
授業の方法 基本的で重要な図・画像をパワーポイントで編集したプリントを配付する。その図・画像を通して、現象の構造構造やメカニズムを理解できるようにする。基本的な事柄をしっかり理解したうえで、応用が十分効くよう配慮する。毎回冒頭、「本日の天気図」を板書し、現状と数日間の天候変化をよく理解できるようにする。また、研究室選択の参考となうよう、卒論・修論での成果も取り入れて展開する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント シラバスで授業計画を把握したうえで、事前の自発的な学修を奨励する。事後学修としては、板書事項とプリントの確認を主とする。毎回、授業の最後にミニレポートを課し、疑問点の解消を図る。
授業計画
1太陽系のなかの地球(事前学修を内容に応じて行う)
2大気の鉛直構造(事前学修を内容に応じて行う)
3降水過程(1)対流と雲の成長(事前学修を内容に応じて行う)
4降水過程(2)雲の種類と成因 (事前学修を内容に応じて行う)
5大気の熱的な構造(1)エマグラム (事前学修を内容に応じて行う)
6大気の熱的な構造(2)安定度(事前学修を内容に応じて行う)
7大気の熱的な構造(3)フェーン現象(事前学修を内容に応じて行う)
8大規模な大気の運動(1)大気大循環とコリオリの力(事前学修を内容に応じて行う)
9大規模な大気の運動(2)高・低気圧と前線(事前学修を内容に応じて行う)
10大規模な大気の運動(3)テレコネクション(事前学修を内容に応じて行う)
11海気相互作用(1)熱帯低気圧とモンスーン(事前学修を内容に応じて行う)
12海気相互作用(2)エルニーニョ/ラニーニャ現象(事前学修を内容に応じて行う)
13雪氷圏と気候変動(事前学修を内容に応じて行う)
14まとめ(事後学修を履修内容について行う)
15授業内試験(事前学修を履修内容に応じて行う)
その他
参考書 小倉義光 『一般気象学』 東京大学出版会 1999年 第2版
吉野正敏監修 気候影響利用研究会編  『日本の気候Ⅰ』 二宮書店 2002年 第1版
吉野正敏監修 気候影響利用研究会編 『日本の気候Ⅱ』 二宮書店 2004年 第1版
上記以外も随時紹介する
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業内テスト(70%)
欠席回数に応じて、期末レポートを課す。

<達成度評価基準>※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
①太陽系の視野、鉛直構造の観点から気象を把握できたか(1~2)。
②降水過程の観点から気象を理解できたか(3~4)。
③大気の熱的な構造の観点から気象を理解できたか(5~7)。
④大規模な大気の運動の観点から気象を理解できたか(8~10)。
⑤海気相互作用の観点から気象を理解できたか(11~12)。
⑥雪氷圏と気候変動観点から気象を理解できたか(13)。
オフィスアワー 当該授業業日の昼休みに研究室(8号館A-312室)にて、または、授業後随時対応する。

このページのトップ