文理学部シラバスTOP > 大学院博士後期課程 > 日本史専攻 > 日本史研究
日本大学ロゴ

日本史研究

このページを印刷する

科目名
平成28年度以後入学者
日本史研究
教員名 大塚 英明
単位数     課程 後期課程 開講区分 文理学部
学期 通年 履修区分 必修
授業テーマ モノ=文化財が語る歴史事象の実像と虚像
授業のねらい・到達目標 受講者の専門分野における史・資料を設定し、モノ=文化財の見方、調べ方を学ぶとともに論文作成の支援をおこなう。
授業の方法 講義とともに、受講生の報告を基軸として進める。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 受講生が決まり次第、課題テーマを与えて行う。
授業計画
1歴史学における史料の位置
2文化財が発信する諸情報をどのようにして受信するか。
3受講生の研究報告  以下、受講生の専門分野に即し、与えられたテーマについて報告を行う。
4同上
5同上
6同上
7同上
8同上
9同上
10同上
11同上
12同上
13歴史資料学とは何か
14歴史学における文書、記録類の扱いとその対応
15総括
その他
教科書 教科書は使用しない。
成績評価の方法及び基準 平常点(70%)、授業参画度(30%)
上記の諸条件を総合的に評価する。学会発表、学会誌掲載等については評価対象たする。
オフィスアワー 金曜日4限、学芸員課程研究室

このページのトップ