文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 社会福祉調査法(量的調査)
日本大学ロゴ

社会福祉調査法(量的調査)

このページを印刷する

科目名
平成28年度以前入学者
社会福祉調査法(量的調査)
教員名 野口 憲一
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 量的調査の基礎を学ぶ
授業のねらい・到達目標 1.社会福祉調査の意義と目的、そして調査の方法について理解する。
2.統計法の概要と社会福祉調査の倫理、個人情報保護について理解する。
3.社会福祉士としての業務・責任を遂行するために、量的調査の企画・実施から分析までの調査手順にについて学習する。
授業の方法 テキストに沿って授業を実施します。
毎回、前回の授業の復習を兼ねた小テストを実施します。
履修条件 特になし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 特になし
授業計画
1社会福祉調査の意義と目的
2統計法の概要
3社会福祉調査における倫理と個人情報保護
4社会福祉調査の科学と社会福祉調査の分類
5量的調査の手順と調査技術(1)―- ①量的調査の特徴、②量的調査のプロセス
6量的調査の手順と調査技術(2)‐-量的調査の企画と準備
7調査票の作成と留意点
8調査の実施
9量的調査の配布と回収
10調査結果の集計
11調査結果の分析
12統計的検定
13相関係数と相関、その他
14課題学習
15試験
その他
教科書 宮本・梶原・山村 『 『社会調査の基礎 』  (社会福祉士シリーズ 5)』 弘文堂 2014年 第3版
成績評価の方法及び基準 試験(80%)、授業内テスト(20%)
オフィスアワー 開講時に指示します。

このページのトップ