文理学部シラバスTOP > 大学院博士後期課程 > 国文学専攻 > 日本文学研究
日本大学ロゴ

日本文学研究

このページを印刷する

科目名
平成28年度以後入学者
日本文学研究
教員名 阿部 好臣
単位数     課程 後期課程 開講区分 文理学部
科目群 国文学専攻
学期 通年 履修区分 必修
授業テーマ 平安時代の物語に関する研究論文の作成
授業のねらい・到達目標 問題をしっかり見極め、研究史を理解し、独自の視点を開発し、優れた論文が書けるようになる。
授業の方法 テーマ(これの設定が重要)を見つけるところから始め、それがどのような意味を持ちえるのか、インパクトのあるものかどうかを、見つめる。(先行研究などに学ぶ)三谷邦明論文を俎上に乗せて、しっかり味読し、分析していく。
履修条件 平安時代の物語の研究を目指すものであること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 論文と作品を照らし合わせて考えるので、指定した論文などは、事前に読んで置き、のこされた問題に関しては継続的に考えることを求める。
授業計画
1『平安朝物語』の世界・概観とその問題点(講義)
2『源氏物語』の世界とその問題点(講義)
3三谷邦明とその学問(論文読み)1
4三谷邦明とその学問(論文読み)2
5三谷邦明とその学問(論文読み)3
6三谷邦明とその学問(論文読み)4
7三谷邦明とその学問(論文読み)5
8論文作成1(概要)
9論文作成2(一章)
10論文作成3(二章)
11論文作成4(三章)
12論文作成5(点検)
13藤井貞和とその学問(論文読み)1
14藤井貞和とその学問(論文読み)2
15まとめ
その他
教科書 授業時に適宜指示する。
成績評価の方法及び基準 作成論文(100%)
論文の完成を目指す。主要学会誌に投稿し掲載されるように進めたい。
オフィスアワー 授業終了時

このページのトップ