文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > 生体分子化学特論
日本大学ロゴ

生体分子化学特論

このページを印刷する

科目名
平成27年度以前入学者
生体分子化学特論
教員名 辻 裕章
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ ペプチド合成の化学
授業のねらい・到達目標 ペプチド合成の基礎と最近の動向を知る。
授業の方法 プリントを配布する。板書による講義形式。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 有機化学1〜6を履修していることが望ましい。
授業計画
1ガイダンス
2ペプチドの機能と性質
3ペプチド結合
4ペプチド結合の構築法(1)縮合剤の役割
5ペプチド結合の構築法(2)特殊な縮合剤
6ペプチド固相合成法
7ペプチド液相合成法
8ペプチド液相合成法の最新技術
9ライゲーション法よるペプチドの合成
10ライゲーション法よるタンパク質の合成
11特殊ペプチドの合成
12ペプチドの修飾
13ペプチド創薬
14理解度の確認
15総括
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(10%)、レポート(80%)、授業参画度(10%)
オフィスアワー 講義終了後15分程度

このページのトップ