文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 社会学専攻 > ソーシャルワーク基礎研究2
日本大学ロゴ

ソーシャルワーク基礎研究2

このページを印刷する

科目名
平成29年度入学者
ソーシャルワーク基礎研究2
教員名 川村 宣輝
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 社会学専攻
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 職業リハビリテーションにおけるソーシャルワーク実践
授業のねらい・到達目標 ソーシャルワーク実践の過程で生じる諸問題とその対応方法について、職業リハビリテーション活動を具体例として取り上げ、その支援方法やプロセスから生じた課題を考察する。実践現場で生じるさまざまな課題への対応については、支援者は利用者へのアプローチだけに留まらず、利用者を取り巻く環境にもアプローチするなど、多面的な視点が求められる。ソーシャルワーク実践活動の理解について、具体的な事例等を通して深めていく。
授業の方法 教員からの事例紹介、受講学生からの事例発表、ゲスト・スピーカーの実践家からの提言等を基にして課題の整理を行い、質疑応答、ディスカッションにより理解を深めていくこととする。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 受講学生は日頃から問題意識を持って実践現場の事例の収集・作成に努めること。受講学生の積極的な授業参加を期待したい。
授業計画
1ガイダンス(授業の概要と進め方)
2ソーシャルワーク実践活動の実際と留意点
3職業リハビリテーションのプロセスと方法
4事例の紹介①(テーマ:ケアマネジメント手法の活用等)
5質疑応答とディスカッション
6事例紹介②(テーマ:地域におけるネットワークの構築等)
7質疑応答とディスカッション
8受講学生からの事例発表①
9質疑応答とディスカッション
10受講学生からの事例発表②
11質疑応答とディスカッション
12ゲスト・スピーカーの実践家からの提言
13質疑応答とディスカッション
14事例のまとめと考察
15全体総括
その他
成績評価の方法及び基準 レポート(40%)、授業参画度(60%)
オフィスアワー 初回授業時に提示する

このページのトップ